ブログ

R3湯築小学校日記

今年度初めての参観日

今日は、今年度初めての参観日でした。感染症対策として、2・3校時の分散開催とさせていただきました。保護者の皆様には、指定の時間帯の参観や、マスク・子ども見守りカードの着用等にご協力いただき、ありがとうございました。

人権に焦点を当てた授業公開の様子を紹介します。

【1年生】道徳科:わがままをしないで 「かぼちゃのつる」

【2年生】道徳科:友だちとなかよく 「およげないりすさん」

【3年生】学級活動:こんなときどうする

【4年生】1・3組道徳科:分けへだなく 「プロレスごっこ」
     2組学級活動:互いの考えを聞き合おう 「サイコロトーキング」

【5年生】道徳科:正義の実現のために 「ネットいじめは絶対やめよう」

【6年生】道徳科:誠実に生きる 「手品師」

【ゆめ組】2組国語科:こえをあわせてあいうえお
     3組算数科:すうじとともだち
     1・4組は交流学級の授業に参加

たくさんのご参観、ありがとうございました。子どもたちも保護者の皆様に見守られながら、張り切って学習することができました。

子どもたちは、それぞれの授業を通して、これまでの行動を振り返ったり、人とのよりよい関わり方や生き方などについて考えることができました。

これからも互いの人権を守り、大切にできる湯築っ子を育んでいきます。

国語科「おはなしのくに」(1年生)

本日、講師の先生をお招きして「わくわく出前教室」がありました。

今日の出前教室に備えて、子どもたちはあらかじめ、自分の好きな本の題名を紙に書いて準備していました。まずは、本の題名をもとにした「ビンゴゲーム」を楽しみました。講師の先生から紹介される様々な本の題名と自分が紙に書いていた題名とがぴったり合っていたら「ビンゴ!」と紙を上げます。ビンゴになった子どもたちは、とてもうれしそうでした。

次に、お話の導入部分を聞いて、何のお話かを当てる「イントロ当てクイズ」です。子どもたちは、これまで読んだり聞いたりしたお話を思い出しながら、何とか正解しようと次々と発表します。

「むかし、むかし、あるところに、よひょうという…」と講師の先生が読み上げると、すかさず「つるのおんがえしだ。」と声が上がりました。これには、講師の先生もびっくりです。

「よひょうの名前だけで、つるのおんがえしだと分かるなんてすごい。」と褒めていただきました。このクイズも大変盛り上がりました!

講師の先生から「本には翼が生えていて、世界を旅することもできるし、昔話の世界に行くこともできるんだよ。」と教えていただきました。

最後には、スペシャルゲストの戒田節子さんによるとても素敵な「おおきなかぶ」の読み聞かせもありました。「うんとこしょ、どっこいしょ。」と聞こえてくると、子どもたちの体が自然と動きます。

1年生の子どもたちにとって、本の魅力を感じ、お話の世界をじっくりと楽しむことができた1時間となりました。

タブレットを使って~1年生国語科:みんなにはなそう~

1年生は、国語科でみんなに「好きな食べ物」「自分の宝物」「できるようになったこと」などを知らせる学習を進めています。
まず、自分の好きな食べ物などを絵で表し、その絵をデータにしてタブレットに取り込みます。
次に、その絵を画面上に表示した状態で一人一人が発表練習をします。練習のときにタブレットの録音機能を利用し、自分の声の大きさや話し方を自分でチェックします。


それぞれが自分の発表練習を振り返り、気を付けるとよいことを出し合った後、2回目の発表練習にチャレンジ!!
2回目の練習の録音が終わると、そのデータを先生に提出して、いよいよみんなの前で発表です。
少し緊張した様子でしたが、しっかり練習をした分、自信をもって落ち着いて発表できました。

先生の指示をしっかりと聞き、タブレットをうまく操作していろいろな活動ができるようになっている1年生。

これからは、朝の時間などを利用して「タブレットドリル」にもどんどんチャレンジしていきます!!

タブレットを使って~4年生理科:電気のはたらき~

4年生は、理科で「電気のはたらき」について学習をしています。3年生で学習した電気の通り道である回路の学習をもとに、4年生では、回路を流れる電気のはたらきについて考えます。

実際には目で見ることのできない電気の流れや向き、大きさについて、乾電池を使って車を走らせる実験をしたり検流計を使ったりして調べ、五感を使って確認しながら実感していきます。そして、乾電池のつなぎ方や数を変えた時のモーターの回る様子を比べ、回路を流れる電気の働きについて、理解を深めていきました。

この時間は、学習したことを一人一人がタブレットを使って確かめていきます。

タブレットには、本校の理科専科の先生が作った、オリジナルのソフトが入っています!

子どもたちは、指令を読んで、画面を指で触って回路を作り、タブレット上でモーターを回していきます。

「右へモーターを回そう」とか「直列つなぎでモーターを回そう」などの指令に沿って、子どもたちは乾電池とモーター、スイッチや検流計をつないでいきます。

「やったあ。右に回ったよ」「やっぱりこのつなぎ方で、左に回るんだな」「指令通りにモーターを回してと歓声があちこちでおこります。

実際の実験でショート回路でつないでしまうとたいへん危険ですが、パソコン上だとショート回路になっても検流計のスイッチを間違えても安全です。子どもたちは安心して失敗を恐れず思い思いに回路をつなげていくことができました。

これまで学習した知恵を総動員させながら楽しんで学習を深めることができました。

大きくなあれ!(2年生)

 2年生の子どもたちは、登校後、まず、学級園に向かいます。
 自分たちで植えた野菜「キュウリ・ナス・カボチャ・トマト・オクラ・ピーマン・パプリカ」の世話と観察をするためです。

 水やりをしながら、「花が咲いてるよ。」「実に色がついてきた。」「つるが伸びて葉っぱが大きくなってる。」「大きく実ったキュウリもあるよ。」「私の身長と同じくらいの高さだ。」「今日は雨が降りそうだから、水やりはいつもより少なくしとこ。」など、様々な発見や気付きをそれぞれ声にして野菜の生長を楽しんでいます。

 自分が育てた野菜が大きく実り、その野菜を食べられる日が楽しみです。

飼育委員会の活動☆

飼育委員会では、ウサギとカメの飼育活動を当番制で行っています。

飼育委員の5・6年生が、毎日責任をもって世話をしています。ウサギに優しく声を掛けながら餌をあげている子どもたちの姿は、とても微笑ましいです。

ほかにも「カメの餌やり体験を全校のみんなに呼び掛けては。」と子どもたちから提案があり、お昼の校内放送でお知らせしました。

体験に参加した子どもたちからは、「初めてカメに餌をあげたよ!」「パクッと食べてくれた!」などの声があり、餌やり体験は大好評です!

今後も当番活動を責任をもって行ったり、自発的に活動に取り組んだりしながら、学校で育てている生き物の命を大切にしていきます。

第2回クラブ活動

第1回のクラブ活動では、活動計画を立てたました。その計画に沿って、今日から本格的に活動が始まりました。

それぞれ興味のある活動を楽しむことができるクラブ活動の時間を、子どもたちはとても楽しみにしています。

今年度は、次の11のクラブを設置しました。

〇スポーツ 〇バドミントン 〇卓球 〇サッカー 〇読書 〇イラスト・スケッチ 〇創作 〇工作 〇手芸 〇パソコン 〇ゲーム

少しずつ他の学年の友達とも関わっている様子も見られ、活動自体を楽しんでいました。

あっという間に時間が過ぎ、次回の活動が楽しみな様子でした。

4年生 プール開き

  本日6月15日(火)1・2校時に4年生はプール開きをしました。プール開きに先立って、各学級代表児童によるめあての発表がありました。「10m目指して練習を頑張りたい。」「クロールで長く泳げるようになりたい。」など、堂々とした態度で発表しました。校長先生からは、「待ちに待ったプール開きですね。安全に楽しく、少しでも泳力が上がるよう頑張りましょう。」と励ましの言葉をいただきました。

 泳ぎたくて仕方がなかった子どもたち。プールに入るとどの子も満面の笑顔でした。水泳の授業を楽しみつつ、コロナ対応として、無言で活動するという約束をしっかり守っていました。授業の最後は、学級ごとによる渦巻きをして流れに乗って泳ぐ体験を楽しみました。

 今回は、水慣れ中心の活動でしたが、次回からは課題別のグループに分かれて練習をしていきます。

 皆さん、元気に頑張りましょう!

水泳の授業が始まりました!(6年生)

6年生は、先週の金曜日6月11日にプール開きをしました。

 プール開きでは、各クラス代表児童が「今年水泳ができることに感謝をしたい!」「泳力を付けて25mを泳ぎ切りたい!」など、自分のめあてを立派に発表しました。

今日は2回目の水泳の授業でした。

子どもたちは念入りに準備体操をした後、全体で「無言で安全に活動することの大切さ」や「一人一人が目標をしっかりともって取り組む大切さ」を確認しました。

子どもたちは、自分たちできれいに掃除したプールでの水泳学習にニッコリ花丸

目をキラキラさせながら活動しました。

これからも「いのちは一つ」の合い言葉のもと、安全に十分気を付けながら、それぞれのめあての達成に向けて頑張ります。 

プール監視システム

 5月20日(木)に実施した「1年生を迎える会」の際に、体育館の全体会上の様子を各教室のテレビで視聴した様子を紹介しました。

 そのシステムを活用し、プールの様子を職員室のテレビで確認できるようにセッティングしました。

 水泳の授業は、必ず3名以上の教員で指導をしていますが、職員室でプールの様子を確認することでより多くの目で子どもたちの安全を見守ることができます。音声も聞くことができるので、緊急時にはいち早く対応することもできます。

 今後も工夫をしながら、安全・安心な教育環境を整えていきます。