R2湯築小学校日記

令和3年度新任者着任

4月1日、新任者が着任しました。
校長先生から辞令をいただき、一人一人が気持ちを引き締め、新年度の初日をスタートしました。

4月8日の令和3年度、新学期のスタートに向けて、しっかりと準備を進めていきます。

令和2年度修業式

3月25日(木)

本日、令和2年度の修業式を行いました。

まず最初に1~5年生の代表児童に校長先生から修了証を授与していただきました。

とても立派な返事、態度に感心しました。

次に児童代表の1年生のお友達の作文発表です。

はきはきした声とまっすぐな視線で、素晴らしい発表でした。

クラスや湯築小学校を大好きになってくれた1年生の成長に、目を細めるばかりでした。

最後に校長先生から次のようなお話をいただきました。

「ちょうど20年前に芸予地震がありました。

先輩たちは困難の中で伝統のバトンを守り続けました。

この1年間のコロナとの戦いはそのバトンをさらに誇り高いものとしました。

明日から始まる春休みに向けて三つお願いします。

一つ目は自分の命と健康を守ること。

二つ目は次の学年への準備をしっかりすること。

三つ目はお家の方のお手伝いをすること、です。

この三つを頑張って元気に新学期を迎えましょう。」

この1年間、「あたたかく あざやかに たくましく」成長し続けた湯築っ子の皆さんに拍手。

安全に気を付け、健康に気を付け、いい春休みにしてくださいね。

 

 

第57回卒業式

3月24日(水)

卒業式に合わせたかのように桜が咲き誇っています。

令和2年度第57回湯築小学校卒業式が厳粛に挙行されました。

この1年間、湯築小学校の最上級生として、行動で、声で、後ろ姿で引っ張ってきた6年生。

最後を締めくくるにふさわしい、凜としたすてきな卒業式でした。

校長先生からは、最高学年としての今年の頑張りを褒めていただいた後、3つの大切にしてほしいことをお話しいただきました。

一つ目は「優しさ」・・・優しさを支えるのは感謝の心。感謝の心をもって人に優しく。

二つ目は「しなやかさ」・・・あふれる情報の中から正しいものを見極め、しなやかに対応を。

三つ目は「力強さ」・・・どんな困難にぶつかっても、努力を続け、困難を乗り越えて。

「あたたかく、あざやかに、たくましく」に通じるこの3つを大切にしていくようお話しいただきました。

 

続いて、PTAから卒業生への記念品授与。

卒業生から学校への記念品贈呈。

そして卒業生代表の言葉がありました。

湯築小学校への感謝、在校生への感謝、家族への感謝、先生方への感謝。

そして、新たな出発への力強い誓いの言葉でもありました。

6年生が卒業することは本当にさみしいですが、新たな出発の時だと理解し、大きな拍手で送り出したいと思います。

 

6年生の皆さん、今まで本当にありがとう。

中学校でのさらなる活躍を、心から祈っています。

湯築小学校の誇りを胸に。

 

 

卒業式(5年生)

本日、すばらしい6年生が卒業しました。

同時中継で、憧れの先輩方のすてきな姿を見せていただき、5年生も厳かな雰囲気で式に挑むことができました。

6年生から譲り受けた伝統を大切にして、今後の学校生活を頑張ります!

 

 

 

元気!笑顔の締めくくり(3年生)

今年度も残りわずかとなり、3年生の子どもたちも勉強・生活の両面で今年度も振り返っています。

「たくさんの楽しい思い出ができた」「たくさんできることが増えたよ」など、一人一人が自己の成長を実感しているようです。

今後も4年生に向けて「笑顔あふれる子どもたち」を応援していきます。

【お楽しみ会での思い出作り】

4年生の締めくくり(4年生)

 学習のまとめをしました。

 国語科「木竜うるし」では、読み取った登場人物の性格が伝わるように音読をしました。声色を変えたり、動作を付けたり、小道具を使ったりするなど、工夫をして発表しました。

 

 図画工作科では、初めての木版画に挑戦。彫刻刀の使い方にも慣れ、10歳の自分の顔を彫り上げました。

 1年間、たくさんの作品を作りました。作品バックに入れる前にイラストを描いたり、メッセージを書いてもらったりして、思い出作りの時間を楽しみました。

外国語活動では、すごろくゲームで楽しく2年間の学習の振り返りをしました。

 

 

 

6年生とのお別れ会(ゆめ組)

ゆめ組の6年生2人とのお別れ会をしました。

1時間目は、外で鬼ごっこやドッジボールをして思いっ切り遊びました。

2時間目は、6年生から下級生へお別れの挨拶がありました。

その後、下級生から6年生へ手紙のプレゼントを渡しました。

最後に、みんなでとってもよい雰囲気でお別れの会ができました。

小学校最後の給食

 3月23日(火)今年最後の給食でした。

5年生の給食委員会の児童による、6年生へのテレビ放送がありました。

6年生が1年生で初めて食べた給食のメニューについてのクイズや、6年生が給食をもりもり食べている様子、6年生が1年生の給食の片付けを手伝っている様子を交えた楽しい感謝のメッセージ放送でした。

そして、サプライズで桑原調理場の食育キャラクターのモーくんと校長先生も登場。

それを見て、「わー」と歓声が上がったクラスやテレビの中のモーくんと校長先生に手を振っている子もいました。

モーくんからは、「食べることは生きること。食べることを大切に。命を大切に。元気に生活してください。」というメッセージがありました。

今年度は、コロナウイルス感染予防のため、準備・片付けでの衛生面の徹底、無言での食事など、たくさんのきまりがありましたが、児童一人一人がきまりを守って安全に給食の時間を過ごすことができました。

調理場の方々にも、例年とは違い、片付けなどで大変お世話になりました。

6年生が1年生の時に初めて食べた給食のメニューは・・・ごはん、クリームスープ、春キャベツのサラダ、清美タンゴールでした!

なつかしく思い出しながら笑顔でゆっくりかみしめた最後の給食でした。

卒業プロジェクト(地域に感謝チーム)(6年生)

卒業式まであと2日。

今日は6年間、登下校や地域の安全を見守り続けてくださった交通安全協会の皆さんに来ていただき、感謝プロジェクトを行いました。

暑い日も寒い日も朝早くから見守っていただき、みんな声を掛けてもらえるのを楽しみにしていました。

交通安全協会の皆様のおかげで、6年間、安全に生活をすることができました。

中学校に行っても頑張るので、見守っていてくださいね。

そして、自転車部のお別れ会も行いました。

温かい見守りを本当にありがとうございました。

 

「かなしきデブ猫ちゃん」のアニメ化に関するインタビュー(6年)

3月19日(金)

「かなしきデブ猫ちゃん」のアニメ化に関する取材がありました。

道後に住んでいる飼い猫「マル」が県内各地を旅するお話です。

昨年度湯築小学校に、読み聞かせに来ていただいていました。

今日、物語に関するインタビューやアニメ化に対する思いなどの取材を6年生数名が受けていました。

「愛媛県の有名な場所がいろいろ出てくるので好きです」

「読んでいる人が愛媛県のことを好きになってくれたら嬉しいです」

「道後の街や道後商店街が登場して、また人が戻ってきてくれたらいいです」

「アニメでマルの動き方や声、表情などが読んだイメージとどう違うのか、楽しみです」

絵本を読みながら、感想を言い合う姿や、記者の方の質問に落ち着いて次々と答える姿に、改めて、6年生のすばらしさを実感しました。

わが町、道後への思いの深さも感じました。

インタビューを聞きながらほっこりした気持ちになりました。