ブログ

今日の給食

『うどん』について

 

今日の献立は、五穀米入りごはん、牛乳、わかめうどん、かきあげ、のりです。

【今日の給食放送】

うどんは、小麦粉に少しの塩水を加え、こねたものを麺の細長い形にした食品です。平安時代に中国から伝わり、現在のような形で食べられるようになったのは、室町時代といわれています。江戸時代にはうどん屋も現れ、庶民的な食べ物として親しまれるようになりました。このころから、天ぷらなどの具をのせたうどんも登場したそうです。
うどんに欠かせない物に「だし」があります。そして、だしを使ったかけ汁をお吸い物のように味わいます。
今日は、わかめが入った『わかめうどん』です。煮干しだしのおいしさを感じながらいただきましょう。

『パイナップル』について

 

今日の献立は、キーマカレー、牛乳、ひじきサラダ、パイナップルです。

【今日の給食放送】

パイナップルは、ブラジルで生まれた果物です。パイナップルを育てるためには、暖かい気候、水はけのよい酸性の土壌など、いくつかの環境条件が整わなければなりません。イタリア人のコロンブスが世界一周の航海をしたときに、パイナップルを持ち帰りましたが、ヨーロッパでの栽培は難しく、長い間、高価な果物とされていました。
テニスの世界四大大会のひとつである、ウィンブルドン選手権のトロフィーのてっぺんには、パイナップルが乗っています。これは、当時、パイナップルがとても貴重なものだったため、王者の象徴にパイナップルがモチーフになったといわれています。
今日は、冷たく冷やした『パイナップル』です。おいしくいただきましょう。

『ごぼう』について

 

今日の献立は、あぶ玉丼、牛乳、変わりきんぴらです。

【今日の給食放送】

ごぼうは、昔、中国から薬草として日本に伝えられました。ごぼうを野菜として食べているのは、世界で日本と韓国、台湾、中国の一部だそうです。
ごぼうは、関東地方で多く栽培されている根の長い「滝野川ごぼう」や、関西地方で栽培される根の短い「堀川ごぼう」が有名です。
さて、ここでクイズです。ごぼうに多く含まれている栄養はどれでしょう。
①番 トラリン   ②番 イヌリン   ③番 ゾウリン
答えは、②番のイヌリンです。イヌリンは、食物繊維のひとつです。おなかの調子を整え、生活習慣病の予防に効果があるといわれています。
今日は、ごぼうの入った『変わりきんぴら』です。よくかんでいただきましょう。

『真鯛』について

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、すまし汁、鯛の塩焼き、三色あえです。

【今日の給食放送】

真鯛は、愛媛県の県の魚に指定されています。真鯛には、天然真鯛と養殖真鯛があります。現在、全国の養殖真鯛は、天然真鯛の約4倍の量が市場に出回っています。そして、全国の養殖真鯛の約半分は愛媛県で養殖されていて、その生産量は日本一です。
おいしい真鯛は、古くから魚の王様として親しまれてきました。白身で適度な脂と旨味がある真鯛はいろいろな料理に使うことができます。給食でも、鯛めしや鯛のから揚げなどの献立で登場しています。
今日は、真鯛を塩焼きにしました。味わっていだだきましょう。

『グリーンアスパラガス』について

 

今日の献立は、みかんパン、牛乳、イタリアンスパゲティ、グリーンアスパラガスのサラダ、トマトです。

【今日の給食放送】

アスパラガスは、5月から6月にかけて旬を迎えます。種を植えてから、2年~3年経ってやっと収穫することができ、地上に伸びてくる新芽の茎を食べます。
私たちがよく目にする、グリーンアスパラガスは、芽が出た後も太陽の光に当たって育ちます。日光をたっぷりあびたグリーンアスパラガスは、ビタミン類やカリウムがたくさん含まれています。また、品種ではなく育て方が違うホワイトアスパラガスがあります。ホワイトアスパラガスは、芽が出る春先に土を盛り、太陽の光を当てずに伸ばしたもので、柔らかい食感が特徴です。
今日は、「グリーンアスパラガス」をサラダにしました。旬の野菜を味わっていただきましょう。