ブログ

今日の給食

『お月見の行事食』について

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、いもたき、ちくわの磯辺揚げ、酢物です。

【今日の給食放送】

お月見とは、旧暦の8月15日に満月を鑑賞する行事です。今年は9月21日がお月見の日です。この日の月は「中秋の名月」「十五夜」「いも名月」と呼ばれ、秋の農作物の収穫に感謝し、健康や幸福を願い、すすきやお団子をかざります。さといもや、さつまいもをお供えする地域もあります。愛媛県では、お月見をしながら、河原などで、さといもを使った「いもたき」を食べる地域が多くあり、特に大洲市の「いもたき」は有名です。
今日の給食は、さといも、鶏肉、にんじん、しいたけなどが入った『いもたき』です。秋の味をおいしくいただきましょう。

『きゅうり』について

 

 今日の献立は、ごはん、高野豆腐の中華炒め、ナムルです。

【今日の給食放送】

きゅうりは、サラダや酢の物に欠かせない野菜です。給食で登場することが多い野菜の一つで、スイカやズッキーニ、かぼちゃなどと同じウリ科の植物です。旬は夏ですが、年間を通して栽培されているため、季節を問わず楽しめます。
食感がよく、手軽に食べられるきゅうりは、ビタミンやミネラルを含んでいて、そのほどんどは、皮と種に多く含まれています。
今日は、「きゅうり」をナムルにしました。味わっていただきましょう。

『はしと食器の正しい持ち方』について

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、筑前煮、えびの香味揚げ、キャベツのおひたしです。

【今日の給食放送】

みなさんは、はしと食器を正しく持って食べることができていますか。確認してみましょう。
まず、正しいえんぴつの持ち方で、はしを一本持ちます。そして、もう一本のはしを、親指の付け根から入れて薬指の先で支えます。食べ物をはさむときは、上のはしだけ動かすようにします。
次に、食器は、はしを持つ手と反対の手で持ちます。
はしと食器を正しく持つことで、食べ物をこぼしたり、食器に残したりせず、きれいに食べることができます。きれいに食べることで、一緒にいる人も気持ちよく食事をすることができます。正しいはしと食器の持ち方を心がけましょう。

『ぶどう』について

 

今日の献立は、黒糖パン、牛乳、洋風煮込み、フレンチサラダ、ぶどうです。

【今日の給食放送】

ぶどうは、世界でたくさんつくられている果物の一つです。日本では、果物として、加工しないで生で食べることが多いのですが、外国では、ワインの原料として栽培されています。
愛媛県でもぶどうはたくさん栽培されていて、松山市では、伊台・五明地区のぶどうが有名です。この地区では、「シャインマスカット」、「ふじみのり」、「ピオーネ」などが栽培されています。
今日の給食 は、『ピオーネ』という品種のぶどうです。旬のぶどうを味わっていただきましょう。

『切干大根 』について

 

今日の献立は、あぶたま丼、牛乳、切干大根のうま煮です。

【今日の給食放送】

切干大根は、漢字で書くと、「切る」「干す」「大根」と書きます。その字の通り、収穫した大根を細切りにし、広げて干して乾かしたものです。
切る太さや加工の仕方によって「割り干し大根」「ゆで干し大根」「凍み大根」「寒干し大根」などの種類に分かれます。水分の多い大根を、干して乾かすため、うまみや栄養素がぎゅっと詰まっています。特に骨を作るカルシウムや、おなかの調子を整える食物繊維が多く含まれています。
今日は、味がしっかりしみ込んだ『切干大根のうま煮 』です。よくかんでいただきましょう。

『えび』について

 

今日の献立は、えびピラフ、牛乳、野菜たっぷりスープ、とり肉のオーブン焼き、枝豆の塩ゆでです。

【今日の給食放送】

えびは、食用だけでなく観賞用も含めると、世界中で3千種類ほどあります。そのうち日本人が食べているものは、「伊勢えび」「甘えび」「桜えび」「芝えび」など、20種類ほどです。
えびは、勢いよく跳ね上がる力が強いので、運がよくなるといわれています。また、長いひげや体の曲がった様子から、腰が曲がるまで長生きができる縁起の良いものとされ、おせち料理にも使われています。
今日は、えびを使った『えびピラフ』です。味わっていただきましょう。

『献立にふさわしい盛り付け方 』について

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、じゃがいものベーコン煮、茎わかめのサラダ、ひじきのつくだにです。

【今日の給食放送】

盛り付け方を工夫すると、料理の見た目がよくなり、料理をよりおいしく感じることができます。料理の本の写真を見ると、盛り付け方の美しさからおいしさが伝わってきます。
給食では、給食室前の展示食や献立表を見て、おわんとお皿に料理を盛り付けます。ごはんは、押さえつけず、ふわっと盛り付けましょう。お汁は、具と汁のバランスを考えて、玉じゃくしで下から具をすくってつぎましょう。おかずは、お皿から料理がはみださないようにしましょう。
きれいに盛り付けて、おいしくいただきましょう。

徳島県の特産物の「わかめ」「さつまいも」「すだち」を使った『徳島県の味めぐり』について

 

今日の献立は、わかめご飯、牛乳、さつまいも入りみそ汁、鯛の照り焼き、すだちあえです。

【今日の給食放送】

「鳴門の渦潮 」に育まれた「鳴門わかめ」は、歯ごたえと風味のよさが特徴です。また、さつまいもの「鳴門金時」は、吉野川の恵みがもたらした砂地の畑で作られます。鮮やかな紅色の皮とホクホクとした食感が人気です。
徳島県を代表する柑橘の「すだち」は、さわやかな酸味とすがすがしい香りで、料理のおいしさをひきたてます。
今日の給食は、わかめを使った『わかめごはん』、さつまいもが入った『みそ汁 』、すだちを使った『すだちあえ』です。味わっていただきましょう。

『梨 』について

 

今日の献立は、パン、牛乳、イタリアンスパゲティ、青菜のアーモンドあえ、梨です。

【今日の給食放送】

梨は、日本で栽培される果物の中でも歴史が古く、弥生時代にはすでに食べられていたそうです。日本書紀にも栽培の記述が残っていて、その後、江戸時代には品種も増えて各地で栽培されるようになりました。現在のような甘みが強く果肉のやわらかい梨は、明治以降に発見されたものや、品種改良されたものだといわれています。
梨は、水分がたっぷり含まれてみずみずしい果物です。食べるとシャリシャリするのは、食物繊維がたくさん集まっているからです。
旬の『梨 』を味わっていただきましょう。

『めん』について

 

今日の献立は、とうもろこしごはん、牛乳、にゅうめん、かぼちゃのかきあげ、飲むヨーグルトです。

【今日の給食放送】

英語で「めん」は「ヌードゥル」といいます。めんには、うどん、ラーメン、スパゲティ、そうめんなどがあり、私たちの食生活に欠かすことができないものです。
愛媛県には、そうめんを使った「鯛そうめん」という郷土料理があります。鯛そうめんは、鯛一尾まるごとを姿煮のままゆでたそうめんと一緒に盛り付けます。結婚式やお祝いごとで食べられています。
今日の給食のめん料理はそうめんを使っています。温かいだしに、ゆでたそうめんを入れた『にゅうめん』です。「給食イングリッシュ」でも紹介していますので、見てみましょう。

『はも』について

 

今日の献立は、梅ごはん、牛乳、けんちん汁、はもの天ぷら、磯和えです。

【今日の給食放送】

はもは、うなぎの仲間です。釣った際に、大きな口と鋭い歯で噛みついてくることがあるので、噛みつくという意味の「食む」という言葉が変化して「はも」と呼ばれたという説もあります。
日本料理によく使われる魚で、とくに京都の夏の味覚に欠かせない食材です。生命力が強いため、流通が発達していない時代に京都まで運ぶ「はも」は、昔から貴重な食材でした。はも料理でお客さんをもてなす祇園祭は、別名「はも祭り」と呼ばれています。
愛媛県は、日本有数の水揚げを誇り、八幡浜市や伊予市などでたくさん獲れます。
今日は、愛媛県で獲れた「はも」を天ぷらにしました。味わっていただきましょう。

『小魚 』について

 

今日の献立は、ぎゅうどん、牛乳、ひじきサラダ、小魚です。

【今日の給食放送】

瀬戸内海 に面している愛媛県は、小魚がたくさん獲れます。その小魚を茹でて干したものが小煮干しです。原料は「かたくちいわし」が最も一般的ですが、「まいわし」「うるめいわし」「きびなご」「あご」などもあります。呼 び名は、愛媛県では「いりこ」、富山県では「へしこ」、熊本県では「ごまめ」などと呼ばれています。頭から骨ごと食べることができるので、カルシウムをたくさんとることができます。給食では磯香揚げや、かき揚げ、大豆いりこに使われています。
今日は、かたくちいわしを砂糖で甘く味付けした『小魚 』です。よくかんでいただきましょう。

『夏休みの過ごし方』について

 

今日の献立は、夏野菜カレー、牛乳、ごまドレッシングサラダ、ゼリーです。

【今日の給食放送】

21日から夏休みです。夏休みを元気に過ごすために、次のことに気を付けましょう。
①1日のスタートのために、早起きをして、朝ごはんを食べます。
②食事は、冷たい物のとりすぎに注意して、赤色・黄色・緑色のグループの食品を組み合わせてとります。
③熱中症に気を付けながら、体を動かします。水分をしっかりとりましょう。
④1日の最後は、ゆっくりとお風呂に入って、早く寝て体を休ませます。
規則正しい生活をして、楽しい夏休みを過ごしましょう。
今日は、1学期最後の給食です。夏野菜の代表である、かぼちゃ、なす、ピーマンが入った『夏野菜カレー』とひんやりゼリーです。おいしくいただきましょう。

『ピーマン』について

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、厚揚げの中華炒め、切干大根の中華サラダです。

【今日の給食放送】

ピーマンは、夏が旬の野菜です。緑色で、ピカピカしたつやがあり、料理に彩りをそえます。緑色のピーマンを収穫せずに、そのまま育てると、赤色になります。赤くなったピーマンは、苦みが少なく、甘みがでるといわれています。
ピーマンには、ビタミンCがたくさん含まれています。暑い夏にも元気に過ごせるように体の調子を整える働きがあります。
今日は、『厚揚げの中華炒め』に入っています。おいしくいただきましょう。

『好き嫌いなく食べること』について

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、枝豆スープ、チキンチキンごぼうです。

【今日の給食放送】

みなさんは、好き嫌いなく何でもおいしく食べることができていますか。
好き嫌いなく、いろいろな食べ物をバランスよく食べることは、健康な体をつくるために大切なことです。また、苦手なものだけ残したり、取り除いて食べたりすると、一緒に食べる人もよい気持ちがしません。好き嫌いなく食べることは、よい食事のマナーにもなります。
苦手な物がある人は、まず、食べ物に興味をもつことが大切です。そして、少しずつ、その食べ物の特徴を知っていくとおいしくなります。
みんなで食べる給食の時間を、楽しい雰囲気で過ごすためにも、好き嫌いなく食べましょう。

『いりこ』について

 

今日の献立は、豚玉丼、牛乳、変わりきんぴらです。

【今日の給食放送】

みなさんは、「いりこ」が何の魚か知っていますか。
西日本では「煮干し」のことを「いりこ」と呼びます。いりこは、主に、カタクチイワシを新鮮なうちに、ゆでてから乾燥させたものです。乾燥させることで、うまみ成分が増え、だしをとる材料として使ったり、炒ってそのまま食べたりします。そのまま食べる場合は、頭からしっぽ、骨までまるごと食べることができるため、骨や歯を丈夫にしてくれるカルシウムを多くとることができます。
今日の給食の豚玉丼は、いりこだしで作りました。味わっていただきましょう。

『台湾産パイナップル』について

 

今日の献立は、キャロットパン、牛乳、夏野菜のスパゲティ、フレンチサラダ、枝豆の塩ゆで、パイナップルです。

【今日の給食放送】

みなさんは、台湾産パイナップルを食べたことがありますか。

台湾のフルーツというと、マンゴーやライチなどを思い浮かべるかもしれませんが、パイナップルは台湾三大果物の1つともいわれる台湾を代表とする果物です。台湾では、一年中生産されますが、3月半ばから7月までが、特においしい季節といわれています。台湾産パイナップルは完熟させてから収穫するため、とても甘くておいしいです。

台湾のみなさんに、ありがとうの気持ちをもって、おいしくいただきましょう。

『旬の「長なす」を生かした献立』について

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、長なすのみそ汁、若鶏のから揚げ、磯和えです。

【今日の給食放送】

なすには、様々な形や色のものがあります。卵を少し長くしたような「長卵形なす」、20cmから25cmくらいの長さの「長なす」、ボールのような形をした「丸なす」、3cmくらいの小さな「小なす」などがあります。
皮の色は、よく売られている濃い紫色をしたものだけではなく、白色や緑色のなすもあります。
今月の掲示資料「給食イングリッシュ」では、「なす」を紹介しています。
松山市では30cmから40cmと、普通の長なすよりさらに長い「松山長なす」というブランドなすの生産が盛んです。
今日は「長なす」が入ったみそ汁です。旬の味を楽しみながらいただきましょう。  

『アーモンド』について

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、じゃが芋のそぼろ煮、アーモンドあえ、チーズです。

【今日の給食放送】

アーモンドは、ナッツといえばアーモンドと言われるぐらい、身近な食品です。私たちが食べるアーモンドのほとんどは、アメリカ合衆国から輸入されたものです。日本では、香川県の小豆島など一部の地域でつくられています。
アーモンドは桃や梅のように木から収穫します。桜に似たきれいな花が咲き、そのあと、実が膨らみ始めます。桃や梅は、果肉を食べますが、アーモンドは、固い種の中の「仁」という部分を食べます。カリッとした食感が特徴で、おやつに食べるとおいしいのですが、いつもの料理に加えると、歯ごたえや風味がよくなって、一味違うものになります。
今日の給食は、「アーモンドあえ」です。アーモンドの香ばしい風味を味わっていただきましょう。

『黒砂糖』について

 

今日の献立は、パン、牛乳、カレービーンズ、しょうゆドレッシングサラダ、すいかです。

【今日の給食放送】

茶色い黒砂糖と普段よく使っている白い砂糖は、サトウキビという植物から作られています。
黒砂糖は、サトウキビのしぼり汁にいらない物を取り除いてできた、甘いサトウキビジュースを煮詰めたものです。白砂糖は、黒砂糖と同じように、要らない成分を取り除いてから、さらに洗って、甘い成分だけにしていきます。そのため、黒砂糖の方がミネラルが多く含まれています。
黒砂糖は、沖縄や奄美大島、種子島の特産品として知られています。独特の強い風味があるため、ようかんなどの和菓子に使われています。和菓子以外にも煮物に使うことで、コクのある味を楽しむことができます。
今日は、カレービーンズの味付けに「黒砂糖」を使いました。味わっていただきましょう。