ブログ

今日の給食

『お月見の行事食』について

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、いもたき、ちくわの磯辺揚げ、酢物です。

【今日の給食放送】

お月見とは、旧暦の8月15日に満月を鑑賞する行事です。今年は9月21日がお月見の日です。この日の月は「中秋の名月」「十五夜」「いも名月」と呼ばれ、秋の農作物の収穫に感謝し、健康や幸福を願い、すすきやお団子をかざります。さといもや、さつまいもをお供えする地域もあります。愛媛県では、お月見をしながら、河原などで、さといもを使った「いもたき」を食べる地域が多くあり、特に大洲市の「いもたき」は有名です。
今日の給食は、さといも、鶏肉、にんじん、しいたけなどが入った『いもたき』です。秋の味をおいしくいただきましょう。

『きゅうり』について

 

 今日の献立は、ごはん、高野豆腐の中華炒め、ナムルです。

【今日の給食放送】

きゅうりは、サラダや酢の物に欠かせない野菜です。給食で登場することが多い野菜の一つで、スイカやズッキーニ、かぼちゃなどと同じウリ科の植物です。旬は夏ですが、年間を通して栽培されているため、季節を問わず楽しめます。
食感がよく、手軽に食べられるきゅうりは、ビタミンやミネラルを含んでいて、そのほどんどは、皮と種に多く含まれています。
今日は、「きゅうり」をナムルにしました。味わっていただきましょう。

『はしと食器の正しい持ち方』について

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、筑前煮、えびの香味揚げ、キャベツのおひたしです。

【今日の給食放送】

みなさんは、はしと食器を正しく持って食べることができていますか。確認してみましょう。
まず、正しいえんぴつの持ち方で、はしを一本持ちます。そして、もう一本のはしを、親指の付け根から入れて薬指の先で支えます。食べ物をはさむときは、上のはしだけ動かすようにします。
次に、食器は、はしを持つ手と反対の手で持ちます。
はしと食器を正しく持つことで、食べ物をこぼしたり、食器に残したりせず、きれいに食べることができます。きれいに食べることで、一緒にいる人も気持ちよく食事をすることができます。正しいはしと食器の持ち方を心がけましょう。

『ぶどう』について

 

今日の献立は、黒糖パン、牛乳、洋風煮込み、フレンチサラダ、ぶどうです。

【今日の給食放送】

ぶどうは、世界でたくさんつくられている果物の一つです。日本では、果物として、加工しないで生で食べることが多いのですが、外国では、ワインの原料として栽培されています。
愛媛県でもぶどうはたくさん栽培されていて、松山市では、伊台・五明地区のぶどうが有名です。この地区では、「シャインマスカット」、「ふじみのり」、「ピオーネ」などが栽培されています。
今日の給食 は、『ピオーネ』という品種のぶどうです。旬のぶどうを味わっていただきましょう。

『切干大根 』について

 

今日の献立は、あぶたま丼、牛乳、切干大根のうま煮です。

【今日の給食放送】

切干大根は、漢字で書くと、「切る」「干す」「大根」と書きます。その字の通り、収穫した大根を細切りにし、広げて干して乾かしたものです。
切る太さや加工の仕方によって「割り干し大根」「ゆで干し大根」「凍み大根」「寒干し大根」などの種類に分かれます。水分の多い大根を、干して乾かすため、うまみや栄養素がぎゅっと詰まっています。特に骨を作るカルシウムや、おなかの調子を整える食物繊維が多く含まれています。
今日は、味がしっかりしみ込んだ『切干大根のうま煮 』です。よくかんでいただきましょう。

『えび』について

 

今日の献立は、えびピラフ、牛乳、野菜たっぷりスープ、とり肉のオーブン焼き、枝豆の塩ゆでです。

【今日の給食放送】

えびは、食用だけでなく観賞用も含めると、世界中で3千種類ほどあります。そのうち日本人が食べているものは、「伊勢えび」「甘えび」「桜えび」「芝えび」など、20種類ほどです。
えびは、勢いよく跳ね上がる力が強いので、運がよくなるといわれています。また、長いひげや体の曲がった様子から、腰が曲がるまで長生きができる縁起の良いものとされ、おせち料理にも使われています。
今日は、えびを使った『えびピラフ』です。味わっていただきましょう。

『献立にふさわしい盛り付け方 』について

 

今日の献立は、ごはん、牛乳、じゃがいものベーコン煮、茎わかめのサラダ、ひじきのつくだにです。

【今日の給食放送】

盛り付け方を工夫すると、料理の見た目がよくなり、料理をよりおいしく感じることができます。料理の本の写真を見ると、盛り付け方の美しさからおいしさが伝わってきます。
給食では、給食室前の展示食や献立表を見て、おわんとお皿に料理を盛り付けます。ごはんは、押さえつけず、ふわっと盛り付けましょう。お汁は、具と汁のバランスを考えて、玉じゃくしで下から具をすくってつぎましょう。おかずは、お皿から料理がはみださないようにしましょう。
きれいに盛り付けて、おいしくいただきましょう。

徳島県の特産物の「わかめ」「さつまいも」「すだち」を使った『徳島県の味めぐり』について

 

今日の献立は、わかめご飯、牛乳、さつまいも入りみそ汁、鯛の照り焼き、すだちあえです。

【今日の給食放送】

「鳴門の渦潮 」に育まれた「鳴門わかめ」は、歯ごたえと風味のよさが特徴です。また、さつまいもの「鳴門金時」は、吉野川の恵みがもたらした砂地の畑で作られます。鮮やかな紅色の皮とホクホクとした食感が人気です。
徳島県を代表する柑橘の「すだち」は、さわやかな酸味とすがすがしい香りで、料理のおいしさをひきたてます。
今日の給食は、わかめを使った『わかめごはん』、さつまいもが入った『みそ汁 』、すだちを使った『すだちあえ』です。味わっていただきましょう。

『梨 』について

 

今日の献立は、パン、牛乳、イタリアンスパゲティ、青菜のアーモンドあえ、梨です。

【今日の給食放送】

梨は、日本で栽培される果物の中でも歴史が古く、弥生時代にはすでに食べられていたそうです。日本書紀にも栽培の記述が残っていて、その後、江戸時代には品種も増えて各地で栽培されるようになりました。現在のような甘みが強く果肉のやわらかい梨は、明治以降に発見されたものや、品種改良されたものだといわれています。
梨は、水分がたっぷり含まれてみずみずしい果物です。食べるとシャリシャリするのは、食物繊維がたくさん集まっているからです。
旬の『梨 』を味わっていただきましょう。

『めん』について

 

今日の献立は、とうもろこしごはん、牛乳、にゅうめん、かぼちゃのかきあげ、飲むヨーグルトです。

【今日の給食放送】

英語で「めん」は「ヌードゥル」といいます。めんには、うどん、ラーメン、スパゲティ、そうめんなどがあり、私たちの食生活に欠かすことができないものです。
愛媛県には、そうめんを使った「鯛そうめん」という郷土料理があります。鯛そうめんは、鯛一尾まるごとを姿煮のままゆでたそうめんと一緒に盛り付けます。結婚式やお祝いごとで食べられています。
今日の給食のめん料理はそうめんを使っています。温かいだしに、ゆでたそうめんを入れた『にゅうめん』です。「給食イングリッシュ」でも紹介していますので、見てみましょう。