R3湯築小学校日記

1学期最終日

今日は、1学期の最終日でした。

1時間目が終わった後に大掃除をし、その後、表彰と終業式をテレビ放送で行いました。

今回のテレビ放送は、表彰される子どもたちが集まっても大丈夫な広さのある「ななゆめルーム」からライブ配信システムを使って行いました。

表彰に続いて行った終業式。各教室の子どもたちは、真剣な態度で臨むことができました。3年生の代表児童は、1学期の振り返りや2学期に頑張りたいことを落ち着いて堂々と発表できました。

校長先生からは、頑張ってほしいことについて3つの話がありました。
一つ目は「挨拶」。二つ目は「いのち」。三つめは「チャレンジ」。
そして、「いっぱい遊んで、いっぱい勉強して、思い出いっぱいの夏休みにしてください。」との呼び掛けで話が締めくくられました。

終業式後の4校時には、各教室で夏休みの生活についての確認をしたり、通信簿を受け取ったりしました。
1年生とっては、始めてもらう通信簿。ワクワクドキドキしながら受け取っていました。高学年では、廊下で一人一人に言葉を掛けながら渡しているクラスもありました。

子どもたち一人一人に頑張ったことやできるようになったことがあり、それぞれが成長した1学期。
明日からの夏休み中に、学校生活ではできない様々な体験や経験が家庭や地域でできるのではないかと思います。
夏休みだからできること、夏休みにしかできないことがあります。いろんなことにチャレンジして充実した思い出いっぱいの夏休みとなるよう願っています。

火の鳥ラッピングアート(テント膜)贈呈式、「アフターコロナ」のメッセージ掲示

 昨日7月18日(日)に道後温泉別館飛鳥乃温泉中庭において「火の鳥ラッピングアート(テント膜)」贈呈式が行われました。
本校から代表として6年生児童1名が参加しました。PTA会長さん、副会長さんも応援に駆け付けてくださいました。

道後温泉本館の保存修理工事で使用したテント膜を、本校と道後小学校にそれぞれ15張ずつ贈呈していただきました。
贈呈式後には、参加者がそろって集合写真を撮りました。

全校のみんなや保護者の皆様には、レインボーカップでお披露目したいと思います。
道後温泉本館を覆っていた火の鳥ラッピングアート(テント膜)が、10月のレインボーカップで再びよみがえります。
まさにREBORN!!

道後商店街(道後温泉本館前)には、各学級でそれぞれ考えた「アフターコロナ」のメッセージが書かれた横断幕が掲示(8月31日まで)されています。
子どもたちの「アフターコロナへの願い」が天に届き、叶う日が今から楽しみです。

第2回地区別児童会

今日7月16日、5校時に2回目の地区別児童会を行いました。1学期の反省と夏休みの暮らしについて話し合いました。登下校の仕方、地域での過ごし方、危険個所、夏休みの生活等について、振り返ったり、確かめたりしました。

地区担当の社会教育部の皆様にもご参加いただき、地区の安全マップ(危険個所や「まもるくんの家」等の情報を書き込んだもの)を配っていただき、十分気を付けるようお話をしていただきました。

 

地域の皆様、保護者の皆様には、日頃から子どもたちの安全指導や見守り活動にご尽力いただき、ありがとうございます。

夏休み中、地域や家庭で過ごす子どもの安全指導・見守り活動に、引き続きご協力くださいますようお願いいたします。

なつがきた!(1年生)

1年生は、先日、生活科の学習で砂場遊びをしました。

「見て見て!泥だんご!」「穴を掘ったら水が出てきたよ。」「裸足は気持ちいいね。」

全身を使って、砂と土の感触を楽しみました。

 

 「え~!!もう、終わりなの?もっと、したい。」楽しい時間はあっという間です。

また、みんなでできるといいですね。

もうすぐ、夏休みです。夏休み中も、夏にしかできない体験がたくさんできるといいですね。