R3湯築小学校日記

1学期最終日

今日は、1学期の最終日でした。

1時間目が終わった後に大掃除をし、その後、表彰と終業式をテレビ放送で行いました。

今回のテレビ放送は、表彰される子どもたちが集まっても大丈夫な広さのある「ななゆめルーム」からライブ配信システムを使って行いました。

表彰に続いて行った終業式。各教室の子どもたちは、真剣な態度で臨むことができました。3年生の代表児童は、1学期の振り返りや2学期に頑張りたいことを落ち着いて堂々と発表できました。

校長先生からは、頑張ってほしいことについて3つの話がありました。
一つ目は「挨拶」。二つ目は「いのち」。三つめは「チャレンジ」。
そして、「いっぱい遊んで、いっぱい勉強して、思い出いっぱいの夏休みにしてください。」との呼び掛けで話が締めくくられました。

終業式後の4校時には、各教室で夏休みの生活についての確認をしたり、通信簿を受け取ったりしました。
1年生とっては、始めてもらう通信簿。ワクワクドキドキしながら受け取っていました。高学年では、廊下で一人一人に言葉を掛けながら渡しているクラスもありました。

子どもたち一人一人に頑張ったことやできるようになったことがあり、それぞれが成長した1学期。
明日からの夏休み中に、学校生活ではできない様々な体験や経験が家庭や地域でできるのではないかと思います。
夏休みだからできること、夏休みにしかできないことがあります。いろんなことにチャレンジして充実した思い出いっぱいの夏休みとなるよう願っています。

火の鳥ラッピングアート(テント膜)贈呈式、「アフターコロナ」のメッセージ掲示

 昨日7月18日(日)に道後温泉別館飛鳥乃温泉中庭において「火の鳥ラッピングアート(テント膜)」贈呈式が行われました。
本校から代表として6年生児童1名が参加しました。PTA会長さん、副会長さんも応援に駆け付けてくださいました。

道後温泉本館の保存修理工事で使用したテント膜を、本校と道後小学校にそれぞれ15張ずつ贈呈していただきました。
贈呈式後には、参加者がそろって集合写真を撮りました。

全校のみんなや保護者の皆様には、レインボーカップでお披露目したいと思います。
道後温泉本館を覆っていた火の鳥ラッピングアート(テント膜)が、10月のレインボーカップで再びよみがえります。
まさにREBORN!!

道後商店街(道後温泉本館前)には、各学級でそれぞれ考えた「アフターコロナ」のメッセージが書かれた横断幕が掲示(8月31日まで)されています。
子どもたちの「アフターコロナへの願い」が天に届き、叶う日が今から楽しみです。

第2回地区別児童会

今日7月16日、5校時に2回目の地区別児童会を行いました。1学期の反省と夏休みの暮らしについて話し合いました。登下校の仕方、地域での過ごし方、危険個所、夏休みの生活等について、振り返ったり、確かめたりしました。

地区担当の社会教育部の皆様にもご参加いただき、地区の安全マップ(危険個所や「まもるくんの家」等の情報を書き込んだもの)を配っていただき、十分気を付けるようお話をしていただきました。

 

地域の皆様、保護者の皆様には、日頃から子どもたちの安全指導や見守り活動にご尽力いただき、ありがとうございます。

夏休み中、地域や家庭で過ごす子どもの安全指導・見守り活動に、引き続きご協力くださいますようお願いいたします。

なつがきた!(1年生)

1年生は、先日、生活科の学習で砂場遊びをしました。

「見て見て!泥だんご!」「穴を掘ったら水が出てきたよ。」「裸足は気持ちいいね。」

全身を使って、砂と土の感触を楽しみました。

 

 「え~!!もう、終わりなの?もっと、したい。」楽しい時間はあっという間です。

また、みんなでできるといいですね。

もうすぐ、夏休みです。夏休み中も、夏にしかできない体験がたくさんできるといいですね。

松山市小学校水泳通信記録会~湯築小学校 校内記録会~

例年実施されている松山市小学校総合体育大会(水泳の部)が、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により参集中止となったため、今年度は各校で記録会を実施することになりました。

湯築小学校の水泳部は、6月28日から練習を開始し、暑さに負けず約3週間の放課後練習を頑張りました。

 本日の記録会では、一人一種目のエントリーで、25mクロール、50mクロールのタイムを計測しました。参加した子どもたち全員が、これまでの練習の成果を出し切り、すばらしい記録を出すことができました。

これまでの練習、そして、今日の記録会を通して、心も体もたくましくなりました。選手の皆さん、これまで本当によく頑張りましたね。

また、応援に来てくださった保護者の皆さま、ありがとうございました!

第1回坊っちゃん学級「俳句教室」

本日、本校PTA室で、第1回坊っちゃん学級を行いました。

今回の坊っちゃん学級は、俳句の里、松山ならではのよさを生かした「俳句教室」です。全国的にも知名度が高い夏井いつきさん率いる「俳句集団いつき組」組員の先生が講師を務めてくださり、楽しく和気あいあいとした雰囲気で俳句の世界に浸ることができました。

 

 講師の先生の明るくユーモアに満ちた語りのもと、作り方のこつを具体的に伝授していただき、「俳句作りって難しそう…」から、「俳句作りって楽しい!」に変わっていった1時間半。選んだ季語によって、俳句から見える世界や心象風景がガラッと変わることも大きな発見でした。講師の先生、素敵な講座をありがとうございました。

 

 本校の図書室には、俳句のコーナーを新設しています。子どもたちも、そして保護者のみなさまも共に一句! 夏休みに俳句を作り合って楽しむのもいいですね。

台湾産パイナップルをいただきました!

今日は、台湾パイナップルの交流給食の日です。交流に向けて、朝の時間を利用して「ななゆめ会」の5年生がつくった「パインニュース」のビデオ放送を各学級で視聴しました。子どもたちが考えた楽しいパインダンスに全校は大いに盛り上がり、給食の時間が更に待ち遠しくなりました。

待ちに待った給食のスタートです。台湾産のパイナップルをプレゼントしていただいた台湾の台北駐日経済文化代表処の代表の方と6年1組の教室とがリモートで結ばれて交流を行いました。

台湾産パイナップルを食べた6年生は、「甘い!」「やわらかくておいしい!」と大はしゃぎ。とっても甘いパイナップルに驚いていました。
6年生から台湾代表の方へ「日本で行ってみたい場所」について質問をすると・・・。「道後温泉です!」との答えに、6年生から歓声が上がりました。
台湾代表から「好きなスポーツは何ですか?」や「台湾に行ったことはありますか?」等の質問がありました。
給食中の校内放送は、給食委員会と放送委員会の児童が協力して「台湾バージョン」の放送を工夫して行いました。
「今日7月13日は、言葉のごろ合わせで『ナ・イ・ス』の日になるそうです。今日の給食でもとてもナイスで素敵な食べ物が登場しています。なんだか分かりますか・・・。正解は、パイナップルです。」というアナウンスから始まり、台湾産パイナップルがおいしい理由も、全校に分かりやすくお知らせしました。その理由は…「おいしくなる季節に完熟したものを収穫しているためとても甘くなる」ということだそうです。
放送を聞かれた台湾の代表の方や松山市教育長様も大変喜んでくださいました。

 
2学期には、台北市にある「松山小学校」との交流があります。
コロナ禍なので、まだまだ自由に行き来はできませんが、心と心はつながっています。
今日のように素敵な交流になるよう、これからも頑張ります。

タブレット学習(2年生)

今日2年生は、「Teams」の使い方の学習をしました。

ICT支援員の方から「家と学校など、離れた場所にいても、授業が受けられるよ。パソコンで先生や友達の顔を見られるよ。声も聞けるよ。」という話を聞いて、子どもたちは驚いた様子でした。

画面上に自分の顔や友達の顔がたくさん並んでいるのを見て、「すごーい!」「〇〇ちゃん、笑ってる。」と声が上がります。その画面を見ながら笑顔を返したり、手を振ったり、ポーズをとったりして、コミュニケーションをとっていました。

チャット機能も学習しました。まだキーボード入力に慣れていなくても、スタンプを使って表現できることを知り、自分の気持ちに合うスタンプを送り合ってチャットを体験しました。ロイロノートとはまた違った「Teams」の活用方法を体感し、その特徴に気付くことができたようです。

これからのタブレットを使った学習への意欲と期待感がより高まりました。

4年生総合的な学習の時間「災害から命を守る」発表会

「災害から命を守る」をテーマに学習を進めてきた4年生。今日は、子どもたちが楽しみにしていた学年発表会の日でした。準備万端、やる気MAXの子どもたちは、堰を切ったかのように発表を始めました。「地震」「津波」「土砂災害」「台風」「竜巻」「大雪」「火山噴火」「雷」のそれぞれのテーマごとに工夫を凝らした方法で発表し、聞き手を引き付けていました。劇やペープサート、ニュースキャスターになりきって…。子どもたちの表現力の高さに感心しました。回答者が声を出さずに参加できるよう、番号を指の数で答えてもらうというコロナ対策を意識したクイズもありました。

発表会後には、「ジュースの自動販売機は緊急の時に役立つことを初めて知った。」「自分の知らないことが分かってよかった。命を守るために役立てたい。」「おうちの人に話して、防災グッズをそろえてもらう。」「うちでも災害について話し合いたい。」など、次々に感想を発表していました。

「災害から命を守る」の単元を通して、自分の課題を見つけ、追究し、まとめ・表現することで、一層防災意識が高まり、自分の生活を見直すことにつながりました。

タブレットに慣れてきました!(3年生)

 全学年1人1台のタブレットを持ち、様々な教科で効果的に活用しようと各学年で取り組んでいます。

 3年生も授業の中で積極的にタブレットを活用することを通して、操作にも慣れ、学習を深めています。

 国語科で自分が作った文章を友達に見せたり、図画工作科で自分の作品の写真にコメントを書いて紹介し合ったりしました。

 タブレットは、書き込む、撮影する、比較する、保存するなどなど、その活用による利点がたくさんあります。これからもいろいろな教科でタブレットを活用し、子どもたちの興味・関心を引き出したり、学力の向上につなげたりしていきます。

夏到来!スイカが給食に!

夏といえばスイカ、というくらい、水分たっぷりのスイカは、夏の季節にぴったりの食べ物です。

今日の給食に、真っ赤なスイカが出ました。「あま~い。」「おいしいね。」子どもたちは大喜び。

スイカの名産地である、熊本でとれた、甘くてみずみずしいスイカ。水分たっぷりのスイカパワーで夏を元気に過ごせそうですね。

頑張っています 水泳部・音楽部!

 個別懇談3日目。ご多用の中、個別懇談のためご来校いただき、ありがとうございました。

 この3日間は、個別懇談のため、子どもたちはいつもより早く下校します。放課後の時間の使い方をそれぞれ考え、楽しく、安全に過ごせたことと思います。

 学校に残って水泳や合奏の練習を頑張った子どもたちもいます。

 水泳部員は、7月14日に予定している水泳記録会に向けて、自己記録の更新を目指して真剣に泳いでいます。

 音楽部員は、各パートに分かれて、よりよい音を奏でられるように、暑さに負けず心を合わせて練習しています。

 練習はしんどくても、目標をしっかりもっていれば頑張れます。そして、励まし合える仲間がいると頑張れます。支えてくれている人への感謝の思いがあると頑張れます。これからも目標の達成に向けて頑張っていきます。

願いが叶うといいな

 今日7月7日は、七夕です。

 学校では、給食のメニューが『七夕の行事食』でした。「そうめん汁がおいしいからおかわりがしたい。」「たちうおごはんをのりで巻いて食べるとなかなかいける。」「どれもおいしい。」など、とても好評でした。

 ゆめ2組の教室前には、笹飾りがあり願いを書いた短冊が飾られています。

「給食をいっぱい食べたい。」「妹と仲よくできますように。」「楽しく遊びたい。」「みんなが元気に過ごせますように。」「世界が平和になりますように。」などなど・・・。

 この笹飾りの短冊に書かれた願いだけでなく、それぞれの子どもたちの願いが叶いますように・・・。より多くの人たちの願いが叶いますように・・・。

 湯築っ子の願いが実現するよう、これからも見守り、励まし、共に学校生活を楽しんでいきたいと思います。

生き物たちの夏

昨日、「ツマグロランド」の様子をお伝えしましたが、なんと、今朝!大きな大きな変化がありました!ご覧ください。

ご覧のとおり、サナギから成虫になったツマグロヒョウモンが、静かに羽を乾かしているではありませんか!時がそこで止まっているかのような、静かで神秘的な姿です。思わず、「すごい!」と叫びだしそうになる口元を抑え、静かに見守ることにしました。

そしてゆっくりとあたりを見回すと、なんと、窓の桟の上の方でサナギに変身していたツマグロヒョウモンも、チョウに姿をかえています。

 興奮の中、さらに目を凝らすと、レンガの上に空っぽになったサナギの皮があります。そして、そのそばで羽を静かに休めている姿が見られるではありませんか。

 

一気に成虫に姿をかえたツマグロヒョウモンたち。登校してきた子どもたちは、成虫になったという感慨をもって、じっとしているチョウを見上げています。

 

そして、みんなが見つめ、見守る中、ついに羽を乾かしたツマグロヒョウモンが一気に大空へと飛び立ちました。チョウとしての生活のスタートです。思わず子どもたちから「ワーッ」という歓声が上がりました。ややぎこちなく、しばらくヒラヒラと舞った後、大きな木を目指して力強く飛んでいきました。思わず拍手をし、その後ろ姿に手を振る子どもたちです。「ありがとう」「がんばってね」「元気に飛んでね」「またね」・・・思い思いの言葉を掛けていました。

 

今この貴重な瞬間に立ち合えた喜びと、命の営みの素晴らしさを感じ、「ツマグロランド」は温かい空気に包まれていました。

チョウの姿を見送った後は、これから成虫になるであろうサナギを確認し、サナギになる日を待ちつつ動き回る幼虫に関わる子どもたちの姿がありました。手に載せて「かわいい!」といとおしそうに眺める子もいます。その温かく柔らかい感触を味わいつつ、これからも命の変化を見つめていきたいですね。

 

成長と言えば、本日から始まった個別懇談の帰りに、成長した植物の鉢を持ち帰る低学年の姿が見られました。1年生はアサガオの鉢、2年生は夏野菜の鉢です。種から育てたアサガオ。芽が出て葉が増え、きれいな色の花を咲かせています。2年生の夏野菜は、一人一人自分が選んだ野菜の苗を毎日大切に育てたものです。育った実を掌に載せて大切に持ち帰る子もいます。「今日、大事に食べるよ」と嬉々として持ち帰る子もいました。

実った命を大事にいただいて、皆さんもますます大きく育っていってくださいね。楽しみにしています。

個別懇談会お世話になります

 

 早いもので1学期の登校日は、あと10日となりました。今年度もコロナ禍で始まった1学期でしたが、子どもたちは様々な活動や日々の学校生活を通して、確実に成長しています。

 本日から3日間、希望制による個別懇談会を行っています。限られた時間ではありますが、子どもたちの更なる成長に向け、話し合ったことを今後の指導や支援、活動に生かしていきます。

 懇談会に限らず、学校のことや子どもたちのことでお気付きのことがございましたら、遠慮なくお知らせいただきますようお願いします。

 学校と家庭、地域との連携を大切にして、これからも「子どもがど真ん中」の教育活動を推進してまいります。

見て見て!発見!

土日をはさんだ月曜日。登校した子どもたちが、「見て見て」と興奮した面持ちで声を掛けてくれました。

指さした先を見てみると・・、パンジーの花壇のところに、たくさんのサナギを発見!

「先生、ツマグロヒョウモンの幼虫が、サナギになってぶら下がってるよ!」

「すごく、たくさんいるよ。」

「金曜日よりも、すごく増えている!」

「サナギの横に、幼虫の皮があるよ。ぬぐと皮はこんなにちっちゃくなるんだね」

パンジーの茎に、子どもたちが立てておいた割りばしに、また自力で幼虫たちが這い上がった窓の桟にも、たくさんのサナギたちが、静かに成虫になる準備を始めています。その横では、まだまだ、もりもりとパンジーやビオラを食べる幼虫たちもいます。生まれたばかりの小さな幼虫、もうすぐサナギになろうかとする大きな幼虫・・。まるで、ツマグロヒョウモンランドのようです。

1年生の教室の横を通ると、子どもたちの「アサガオさんが教室に来たよ!」との声がします。早速教室に入ってみると、外で育てていたアサガオのツルが、土日の間にぐんと伸びて、何と、教室へとツルを伸ばしていました。窓を開けると、アサガオのお花が「こんにちは」思わぬ訪問者に子どもたちは大喜びでした。

 

土日の間の生き物たちの大きな変化を子どもたちの目はしっかりとらえています。ご来校の際はぜひ、見てみてくださいね。

生き物たちが、命を輝かせる「動」の季節の到来です。子どもたちのますますの成長も楽しみです。

4年生 総合的な学習の時間「ゆめきら学習」の様子

「災害」に関する学習もいよいよ締めくくりの段階になりました。グループごとに設定したテーマについて調べたことを基に、発表会を意識しながら発表方法や伝える内容を考え、必要な資料を準備してきました。調べたことを紙にまとめたり、タブレットを利用したりして、発表会に向けたリハーサルを繰り返すことで、より伝わりやすく、分かりやすくなってきました。グループ内で一人一人が役割を果たし、自信をもって発表会本番に臨めそうです。

7月9日(金)には、学年全体での発表会を行います。子どもたちは、とても張り切っています。発表会を通して、自分たちが調べたことをしっかり伝えるとともに、他のグループが調べたことから新たな発見をし、相互に学びが深まることを期待しています。

第1回学校評議員会

本日、第1回学校評議員会を開催しました。
校長から学校評議員の方々に委嘱状をお渡した後、規約や実施要領の内容を確認し、本校の教育計画やグランドデザインに関する説明を行いました。続いて「1年生を迎える会」の際に放送した、1年生への各学級からのビデオメッセージを視聴していただきました。

さらに、学校の様子を見ていただく授業参観の時間をとりました。
廊下から複数学級の授業の様子を参観される委員の方、教室の中に入ってじっくりと子どもの学びの様子を見られる委員の方…。それぞれが、熱心にご参観くださいました。

理科室では、6年生の子どもたちが学習中でした。各班の顕微鏡でとらえた微生物の様子を一人一人が自分のタブレットじっくりと観察しています。画面一覧で比較するだけでなく、詳しく見たい班の画面をタップして拡大することもできます。ICTを効果的に活用して学びを深めているこどもたちの様子に、新たな学びのスタイルの可能性を感じていただけました。

5年生は、プールで水泳学習を行っていました。2年ぶりの水泳学習。元気いっぱい泳ぐ5年生。評議員の方々は、職員室からプールの様子を確認できる中継システムをご覧になり、このシステムもすばらしい取組だと褒めていただきました。

 

音楽室では4年生が「エーデルワイス」の歌を練習していました。密にならないように間隔を十分にとり、響きのある声を披露していました。発表を聴いている子どもたちも真剣です。発表後には、多くの子どもが手を挙げて「目もパッチリ開いていて声がよく伸びていました。」「口がしっかり開いていて表情もとてもよかったです。」などの感想を積極的に述べていました。

家庭科室では、6年生がミシンを使ってナップサックづくりに挑戦していました。友達と協力し合ってミシンを扱い、修学旅行に持って行くことを楽しみにしながら、製作を進めていました。

3年生の教室では、毛筆で「大」という字に挑戦していました。筆運びに気を付けて「はらい」がきれいに書けるよう練習をします。ダイナミックな作品を書き上げ、子どもたちも満足そうです。

授業参観後の意見交換では、「教育の仕方で人は変わる。」「先生たちの表情が明るく、子どもたちが授業を楽しんでいる。」「普段どおりの様子が見れてよかった。」「タブレットをうまく活用できている。」「理科の授業が充実している。」などといった感想を多数いただきました。また、本日のような学校の様子や取組の発信をより積極的に進めていってほしいといった励ましの言葉もいただきました。

評議員の皆様、ありがとうございました。本日いただいたご意見を基に、教育活動がより充実するよう努めていきます。

5年生の学習の様子

  

7月がスタートしました。

高学年として勉強に運動に遊びにと、一生懸命頑張っている5年生の子どもたち。

1学期のよい締めくくりができるよう更に頑張ります。

社会科「米作りのさかんな地域」の学習では、タブレットを使ったり、ホワイトボードを使ったりしながら、3人組で考えを出し合ったり、学級全体で話し合ったりして米作りに関する学習問題を立てました。

その授業の様子を5年1組は、全校の先生方に見ていただき、教員の研修も深めました。

授業を参観する際、教室内が密にならないよう授業の様子を別教室で視聴できる中継の取組も行いました。

2年ぶりの水泳学習も、それぞれが目標をもって取り組んでいます。泳げる距離が伸びたり、タイムが速くなったりと、一人一人の成長が見られます。水泳学習も残りわずかですが、目標を達成できるようみんなで頑張ります。

 

5年生から始まった家庭科の学習。玉結び、玉どめにも苦戦していましたが、今では上手にできるようになりました。

今月は、小銭入れやペンケースなどの小物入れに取り組みます。オリジナル小物入れの仕上がりが楽しみです。

しらさぎ育成会

 本日、PTA役員や地域の方々に参加していただいて、第1回しらさぎ育成会を行いました。育成会の会則や学校いじめ防止基本方針の内容を確認したり、人権参観日の授業の様子の報告などを行いました。情報交換では、来ていただいた皆様お一人お一人から、様々な観点からのご提案をいただき、有難くまた心強く思いました。タブレット端末の活用状況についてのご質問や、通学路の安全やSNSの利用に関すること、子どもたちの地域での様子などについても貴重なご意見をいただきました。今後も学校・家庭・地域が連携して「子どもがど真ん中」を合言葉に、健全育成に力を注いでいきたいと思います。

 ご多用の中、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

卒業アルバム用の写真撮影パート1!

本日、全員がそろっている委員会の6年生は、卒業アルバム用の集合写真を撮りました。

どの委員会もいろんな場面で学校のために活動して頑張っています。

後で振り返ったときに、この1年間、みんなのために頑張ったなと思えると素敵ですね。

最高学年として取り組んでいる委員会活動、今日の一人一人の素敵な笑顔を見ていると今後の活動が更に楽しみになってきました。

みんなで力を合わせて頑張りましょう。パート2もお楽しみに!!

毎週火曜日はジュースの日

 今日は天気がよく、気温も高い一日でした。

 天気のよい日には、湯築っ子たちは1・2時間目の後の「ひろばの時間」や昼休みに運動場へ出て元気に遊びます。

 短い時間ではありますが、遊びを工夫して元気いっぱい楽しみます。

 しっかり体を動かすとのどが渇きます。熱中症予防対策として、それぞれ水筒を運動場へ持って行き、水分補給をしますが、毎週火曜日(6月~10月)の「ひろばの時間」の後には、冷えたミカンジュースが出ます。

 子どもたちは、遊んだ後教室に戻り、そのミカンジュースを飲んでのどを潤わせます。ジュースを飲む子どもたちの表情は、ほんわかしています。

「3時間目からの授業も頑張るぞ」そんな心のつぶやきが聞こえてきそうです。

湯築小学校 水泳部 始動!!

本日の放課後より、湯築小学校の水泳部の練習が始まりました。

今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、例年実施されている水泳総体が参集中止となりました。

代替措置として、松山市独自の水泳通信記録会を実施することになりました。

各校での校内記録会に向けて、これから3週間、練習に励みます。

今日は、部員の現在の力を知るために、クロールと平泳ぎの記録を計測しました。この記録を基に、一人一人が自分の目当てをもって頑張っていくことと思います。

これから記録が伸びていくよう、毎日の練習に励んでいきます。

  

  

6年生理科「植物の成長と水」~水の通り道が見えたよ!~

春・・・各学年の子どもたちは、アサガオやひまわり、夏野菜など、様々な植物の種をまき、水をあげて、その成長を毎日楽しみにしています。季節はいつの間にか夏。日に日に大きくなる植物たちの様子に、子どもたちは驚きと歓声の声を上げています。特に土日に雨が降った翌週の月曜日には、目に見えてぐん!と大きくなっている姿を、感動の表情で見つめています。

 

6年生は、理科の学習で、「植物の成長と水」の学習を行いました。1年生から積み重ねた植物とのかかわりを、6年生では生物学的なまなざしでとらえ、植物の成長のメカニズムを探求しようとするものです。

水の通り道を、目に見える形でとらえようと、白い花に色をつけた水を吸わせて、結果を待ちます。

赤いインクの色と、青いインクの色!

茎にある管を通って吸い上げられた水が、ちゃんと花びらまで到達していることが、はっきりと目で確かめることができます。

茎を真ん中から割くとどうなるかな?子どもたちの興味は広がります。予想をもとに結果を待ちます。なんと!半分は青、半分は赤!子どもたちは自分の目でしっかりと確かめることができました。五感を働かせて目に焼き付けたことは、一生剥がれ落ちない知識として身についていくと考えています。

学校での実験で興味を持った児童は、家に咲いていた真っ白いアジサイの花を自主的に持ってきて、休み時間に「マイ実験」に取り組む姿も見られました。

目に見えて色が変わった花びら・・・では、茎の中は一体どうなっているんだろう?茎を輪切りにしてみると・・・?水が通った跡がはっきりと見えます。目を凝らすと、とても細かい管が見えてきます。

また、葉の表面はどうなっているのだろうと新たな疑問もわいてきます。さあ、そこで今度は顕微鏡の出番です。各班に備え付けた顕微鏡。コロナ対策として、目を当てて顕微鏡をのぞき込む代わりに、各班に設置しているモニターに映し出して、顕微鏡で見える世界を映し出します。そこには葉の表面にある気孔がきれいに映し出されていました。

 

さらに、各班の顕微鏡画面を全て、1つの画面にまとめて映し出すよう設定しています。こうすることで各班の顕微鏡の中をみんなで共有することができます。ここで見える顕微鏡画面は、校内のパソコンからならどこからでも見られる設定がなされています。

 

本物を自分たちの目で、五感で確かめる!そして、ICTを効果的に使って、見えづらいミクロの世界をしっかりと見えるようにする!そのような理科の学習を通して、自然の不思議や素晴らしさ、ひいては生命の神秘をも感じ取る心を育てていきたいと思っています。

学習の最後に・・・、茎の管を通った水の通り道は、色が染まったところがちゃんと教えてくれます。この単元の学習の記念に、輪切りにした茎をキーホルダーに入れて、子どもたち一人一人が家に持ち帰りました。世界に一つの、水の通り道が見えるマイキーホルダー。子どもたちの理科学習をこれからも見守ってくれることと思います。

体育科「遊具遊び」(2年生)

今日も天気がよく、プールで泳ぐと気持ちよく感じるような気温でした。子どもたちは、毎日でもプールでの学習をしたいところだと思いますが、それぞれの学年で使用できる曜日・時間が決まっています。水泳だけでなく、いろいろな領域・種目の運動にも子どもたちはしっかり取り組んでいます。

今日の1校時には、2年生が運動場で様々な遊具を使っていろいろな技ができるように練習をしたり、遊具遊びを楽しんだりしました。

登り棒の所では、「もうこれ以上は登れん。」「手が赤くなった。」といった声が聞こえてきます。

鉄棒の所では、「もう少しでできそう。がんばれ!」「何回も回れてすごい!!」といった声が聞こえてきます。

雲ていにチャレンジしたり、ジャングルジムで楽しんだり・・・。そして、熱中症予防対策として、テントの陰で水分を補給しながら、しっかり活動することができました。

これからも様々な運動に取り組んで、体力を高めたり、技能を向上させたりしていきます。

給食委員会の活動

給食委員会では、A班とB班の2つに分かれて、毎日の給食の片付けを積極的に行っています。

「ごちそうさまでした。」と元気よく返却にくる各学級の給食当番に返す場所を優しく教えたり、重い食器を受け取ってコンテナの決まった場所に置いたりしています。返却後には、調理員の方々にお礼を言い、自分たちの活動ぶりについて振り返る反省会をしています。

ほかにも、給食室前のホワイトボードに翌日の給食で使われる食べ物を、赤・黄・緑の3つのグループに分けて貼ったり、お昼の校内放送で今日の給食に関する話を伝えたり、ポスターを描いたりしています。

今後も自分たちにできることを考え、責任をもって活動していきます。

本をいただきました!

アナウンサーでありみかん一座の座長の戒田節子さんが、ご自身が書かれた「ワニオのなみだ」という本を湯築小学校にプレゼントしてくださいました。

また本日、保護者の方が、「湯築小学校のみんなで読んでください」と、おうちで読まれていた本を95冊、学校に持ってきてくださいました。「かいけつゾロリ」や「おしりたんてい」「なんでも魔女商会」など、子どもたちが大好きな本ばかりです。本は新品のように、とてもきれいな状態で、大切に扱われていたことが伝わってきます。

これから図書室の本として登録し、貸し出しができるようにしていきます。
今日は、ななゆめルームに展示しておきましたが、早速、昼休みに多くの子どもたちが手に取り、興味津々で読み始める姿が見られました。本好きな、感性豊かな子が育っていること、とても嬉しく思います。

本は、子どもたちをいろんな世界へ連れて行ってくれます。

これからも、いろんな本に親しんでもらいたいと思っています。

ご寄贈くださった戒田節子さん、保護者の方、ありがとうございました。

 

今年度初めての参観日

今日は、今年度初めての参観日でした。感染症対策として、2・3校時の分散開催とさせていただきました。保護者の皆様には、指定の時間帯の参観や、マスク・子ども見守りカードの着用等にご協力いただき、ありがとうございました。

人権に焦点を当てた授業公開の様子を紹介します。

【1年生】道徳科:わがままをしないで 「かぼちゃのつる」

【2年生】道徳科:友だちとなかよく 「およげないりすさん」

【3年生】学級活動:こんなときどうする

【4年生】1・3組道徳科:分けへだなく 「プロレスごっこ」
     2組学級活動:互いの考えを聞き合おう 「サイコロトーキング」

【5年生】道徳科:正義の実現のために 「ネットいじめは絶対やめよう」

【6年生】道徳科:誠実に生きる 「手品師」

【ゆめ組】2組国語科:こえをあわせてあいうえお
     3組算数科:すうじとともだち
     1・4組は交流学級の授業に参加

たくさんのご参観、ありがとうございました。子どもたちも保護者の皆様に見守られながら、張り切って学習することができました。

子どもたちは、それぞれの授業を通して、これまでの行動を振り返ったり、人とのよりよい関わり方や生き方などについて考えることができました。

これからも互いの人権を守り、大切にできる湯築っ子を育んでいきます。

国語科「おはなしのくに」(1年生)

本日、講師の先生をお招きして「わくわく出前教室」がありました。

今日の出前教室に備えて、子どもたちはあらかじめ、自分の好きな本の題名を紙に書いて準備していました。まずは、本の題名をもとにした「ビンゴゲーム」を楽しみました。講師の先生から紹介される様々な本の題名と自分が紙に書いていた題名とがぴったり合っていたら「ビンゴ!」と紙を上げます。ビンゴになった子どもたちは、とてもうれしそうでした。

次に、お話の導入部分を聞いて、何のお話かを当てる「イントロ当てクイズ」です。子どもたちは、これまで読んだり聞いたりしたお話を思い出しながら、何とか正解しようと次々と発表します。

「むかし、むかし、あるところに、よひょうという…」と講師の先生が読み上げると、すかさず「つるのおんがえしだ。」と声が上がりました。これには、講師の先生もびっくりです。

「よひょうの名前だけで、つるのおんがえしだと分かるなんてすごい。」と褒めていただきました。このクイズも大変盛り上がりました!

講師の先生から「本には翼が生えていて、世界を旅することもできるし、昔話の世界に行くこともできるんだよ。」と教えていただきました。

最後には、スペシャルゲストの戒田節子さんによるとても素敵な「おおきなかぶ」の読み聞かせもありました。「うんとこしょ、どっこいしょ。」と聞こえてくると、子どもたちの体が自然と動きます。

1年生の子どもたちにとって、本の魅力を感じ、お話の世界をじっくりと楽しむことができた1時間となりました。

タブレットを使って~1年生国語科:みんなにはなそう~

1年生は、国語科でみんなに「好きな食べ物」「自分の宝物」「できるようになったこと」などを知らせる学習を進めています。
まず、自分の好きな食べ物などを絵で表し、その絵をデータにしてタブレットに取り込みます。
次に、その絵を画面上に表示した状態で一人一人が発表練習をします。練習のときにタブレットの録音機能を利用し、自分の声の大きさや話し方を自分でチェックします。


それぞれが自分の発表練習を振り返り、気を付けるとよいことを出し合った後、2回目の発表練習にチャレンジ!!
2回目の練習の録音が終わると、そのデータを先生に提出して、いよいよみんなの前で発表です。
少し緊張した様子でしたが、しっかり練習をした分、自信をもって落ち着いて発表できました。

先生の指示をしっかりと聞き、タブレットをうまく操作していろいろな活動ができるようになっている1年生。

これからは、朝の時間などを利用して「タブレットドリル」にもどんどんチャレンジしていきます!!

タブレットを使って~4年生理科:電気のはたらき~

4年生は、理科で「電気のはたらき」について学習をしています。3年生で学習した電気の通り道である回路の学習をもとに、4年生では、回路を流れる電気のはたらきについて考えます。

実際には目で見ることのできない電気の流れや向き、大きさについて、乾電池を使って車を走らせる実験をしたり検流計を使ったりして調べ、五感を使って確認しながら実感していきます。そして、乾電池のつなぎ方や数を変えた時のモーターの回る様子を比べ、回路を流れる電気の働きについて、理解を深めていきました。

この時間は、学習したことを一人一人がタブレットを使って確かめていきます。

タブレットには、本校の理科専科の先生が作った、オリジナルのソフトが入っています!

子どもたちは、指令を読んで、画面を指で触って回路を作り、タブレット上でモーターを回していきます。

「右へモーターを回そう」とか「直列つなぎでモーターを回そう」などの指令に沿って、子どもたちは乾電池とモーター、スイッチや検流計をつないでいきます。

「やったあ。右に回ったよ」「やっぱりこのつなぎ方で、左に回るんだな」「指令通りにモーターを回してと歓声があちこちでおこります。

実際の実験でショート回路でつないでしまうとたいへん危険ですが、パソコン上だとショート回路になっても検流計のスイッチを間違えても安全です。子どもたちは安心して失敗を恐れず思い思いに回路をつなげていくことができました。

これまで学習した知恵を総動員させながら楽しんで学習を深めることができました。

大きくなあれ!(2年生)

 2年生の子どもたちは、登校後、まず、学級園に向かいます。
 自分たちで植えた野菜「キュウリ・ナス・カボチャ・トマト・オクラ・ピーマン・パプリカ」の世話と観察をするためです。

 水やりをしながら、「花が咲いてるよ。」「実に色がついてきた。」「つるが伸びて葉っぱが大きくなってる。」「大きく実ったキュウリもあるよ。」「私の身長と同じくらいの高さだ。」「今日は雨が降りそうだから、水やりはいつもより少なくしとこ。」など、様々な発見や気付きをそれぞれ声にして野菜の生長を楽しんでいます。

 自分が育てた野菜が大きく実り、その野菜を食べられる日が楽しみです。

飼育委員会の活動☆

飼育委員会では、ウサギとカメの飼育活動を当番制で行っています。

飼育委員の5・6年生が、毎日責任をもって世話をしています。ウサギに優しく声を掛けながら餌をあげている子どもたちの姿は、とても微笑ましいです。

ほかにも「カメの餌やり体験を全校のみんなに呼び掛けては。」と子どもたちから提案があり、お昼の校内放送でお知らせしました。

体験に参加した子どもたちからは、「初めてカメに餌をあげたよ!」「パクッと食べてくれた!」などの声があり、餌やり体験は大好評です!

今後も当番活動を責任をもって行ったり、自発的に活動に取り組んだりしながら、学校で育てている生き物の命を大切にしていきます。

第2回クラブ活動

第1回のクラブ活動では、活動計画を立てたました。その計画に沿って、今日から本格的に活動が始まりました。

それぞれ興味のある活動を楽しむことができるクラブ活動の時間を、子どもたちはとても楽しみにしています。

今年度は、次の11のクラブを設置しました。

〇スポーツ 〇バドミントン 〇卓球 〇サッカー 〇読書 〇イラスト・スケッチ 〇創作 〇工作 〇手芸 〇パソコン 〇ゲーム

少しずつ他の学年の友達とも関わっている様子も見られ、活動自体を楽しんでいました。

あっという間に時間が過ぎ、次回の活動が楽しみな様子でした。

4年生 プール開き

  本日6月15日(火)1・2校時に4年生はプール開きをしました。プール開きに先立って、各学級代表児童によるめあての発表がありました。「10m目指して練習を頑張りたい。」「クロールで長く泳げるようになりたい。」など、堂々とした態度で発表しました。校長先生からは、「待ちに待ったプール開きですね。安全に楽しく、少しでも泳力が上がるよう頑張りましょう。」と励ましの言葉をいただきました。

 泳ぎたくて仕方がなかった子どもたち。プールに入るとどの子も満面の笑顔でした。水泳の授業を楽しみつつ、コロナ対応として、無言で活動するという約束をしっかり守っていました。授業の最後は、学級ごとによる渦巻きをして流れに乗って泳ぐ体験を楽しみました。

 今回は、水慣れ中心の活動でしたが、次回からは課題別のグループに分かれて練習をしていきます。

 皆さん、元気に頑張りましょう!

水泳の授業が始まりました!(6年生)

6年生は、先週の金曜日6月11日にプール開きをしました。

 プール開きでは、各クラス代表児童が「今年水泳ができることに感謝をしたい!」「泳力を付けて25mを泳ぎ切りたい!」など、自分のめあてを立派に発表しました。

今日は2回目の水泳の授業でした。

子どもたちは念入りに準備体操をした後、全体で「無言で安全に活動することの大切さ」や「一人一人が目標をしっかりともって取り組む大切さ」を確認しました。

子どもたちは、自分たちできれいに掃除したプールでの水泳学習にニッコリ花丸

目をキラキラさせながら活動しました。

これからも「いのちは一つ」の合い言葉のもと、安全に十分気を付けながら、それぞれのめあての達成に向けて頑張ります。 

プール監視システム

 5月20日(木)に実施した「1年生を迎える会」の際に、体育館の全体会上の様子を各教室のテレビで視聴した様子を紹介しました。

 そのシステムを活用し、プールの様子を職員室のテレビで確認できるようにセッティングしました。

 水泳の授業は、必ず3名以上の教員で指導をしていますが、職員室でプールの様子を確認することでより多くの目で子どもたちの安全を見守ることができます。音声も聞くことができるので、緊急時にはいち早く対応することもできます。

 今後も工夫をしながら、安全・安心な教育環境を整えていきます。

「ロイロノート」を使って町じまん!(5年)

  

5年生は、国語科「まちじまんをすいせんしよう」の発表資料を「ロイロノート」を使って作りました。

湯築の町の推薦したい場所を、聞き手が納得するような理由を整理して構成を決め、話し方を工夫して発表するという学習をしています。その発表資料を「ロイロノート」で作成することにしました。

「聞いている人に伝わるためにはどうしたらいいだろう」「どんな写真を選ぶとよりみんなによく伝わるかな」などと一生懸命考えていました。

ICT支援員さんに機器の使い方を教えていただきながら、インターネットから写真を取り込んで資料を作成したり、自分で写真を撮ってコメントを書き込んだり、それぞれの思いがよく伝わる資料ができました。

ICT支援員さんから画像貼り付けの便利な使い方を教わると、教室中が「おーっ!」っとどよめき、「もっとやってみたい」と子どもたちはどんどん挑戦していました。

自分たちが考え、よりよいものを作っていこうとする姿が見られました。どんな発表になるのか、楽しみです。

4年生 「水のおはなし教室」で水の大切さを学びました。

    本日3・4校時に松山市水道局の4人の講師の方をお迎えし、「水のおはなし教室」を開催しました。テーマ別にクイズを交え、お話をしてくださいました。松山市は、降水量が少ない上に、ダムは小さく貯められる水量が少ない、水源の確保と節水により、節水型都市になったこと、水をきれいにして家庭や工場に届けていることなど、メモを取りながらしっかり聞いていました。水をきれいにする実験では、濁り水が、無色透明になった瞬間、驚きの声を上げていました。

 下水道に流していい物といけないものの比較では、家から持ってきたペットボトルにトイレットペーパーとティッシュペーパーを入れてたった5秒振っただけで大きな違いができたことにまたもや子どもたちは目を丸くしていました。水について学習を深めるよい機会になりました。

プール開きをしたよ!(1・2年生)

大変よいお天気の下、1年生は3、4校時に、2年生は5、6校時にプール開きを行いました。

1年生はもちろん、昨年度水泳学習ができなかった2年生にとっても初めての小学校での水遊び。まずは、学年全体で開会式を行いました。各クラスの代表児童が、水泳学習に対する目標をみんなの前で発表しました。

「もぐれるようになりたいな。」「手を水の中で大きくかいて泳ぎたい。」「ラッコのように泳ぎたい。」「バタ足をがんばりたい。」などとそれぞれが元気な声で発表することができました。その後、校長先生や学年主任の先生のお話を聞き、いよいよシャワーを浴びてプールでの活動のスタートです。

先日、6年生がピカピカに掃除をしてくれたきれいなプールに大喜び。

「小学校のプールは大きいね。」

「とてもきれいなプールだね。6年生ありがとう!」

ルールを守って上手に水に入り、プールの中を歩いたり、ちょっぴりもぐったりしました。

「水の中は気持ちがいいね。キラキラしているよ。」

「顔をつけることができたよ。」

「水遊びは楽しいね。次も楽しみだね。」

笑顔がプールに弾ける時間となりました。

夏がもうすぐ(1年生)

登校後の1年生は、教室に入る前に育てているアサガオの世話をします。ペットボトルに水を入れ、近くにいる友達と声を掛け合いながら水をやり、その様子を観察します。
「いっしょにやろう。」「大きくなってきたね。」など、日によってつぶやく言葉はいろいろです。朝のアサガオの世話を頑張っている1年生たち。命を大切にする優しい心と態度が育っています。

朝の1年生の教室をのぞくと、教室の入り口に立って、「おはようございます!」とあいさつ運動をしている姿が見られました。話を聞くと、あいさつ係になった子どもたちだそうです。どうやったらクラスにあいさつの声が響くかなと考えて、ななゆめ会のお兄さん、お姉さんが門に立ってしてくれている、手ぶりもつけた明るい声掛けを、自分たちもやってみたそうです。1年生も、係活動のスタートです!張り切っている子どもたち。憧れの高学年のお兄さん、お姉さんの姿を描きながら、頑張っている1年生たち。頼もしいです。

熱中症予防対策(テント・ミストシャワー設置)

 梅雨入りはしていますが、天気のよい日、気温が高い日もあります。
 気温が高くなるこれからの時季に気を付けなければならない熱中症。その熱中症の予防対策として、本日6月7日(月)の放課後、教職員で三つの作業を行いました。

〇明日から始まる水泳授業の際に利用するための避暑用テントをプールに設置。
〇休み時間や体育の時間等に利用するための避暑用テントを運動場に設置。
〇子どもたちが使用している児童玄関2か所にミストシャワーを設置。

 これからも子どもたちの安全・安心を確保し、一人一人の大切な「いのち」をしっかり守れるよう取り組んでまいります。

「おって たてたら」(1年生)

 今週、1年生は図画工作科で「おって たてたら」の学習をしました。

 紙を折って立ててみると…。「わあ、たったよ。」「こんなたてかたもあるよ。」「ここからなにができるかな。」などとつぶやきながら、目を輝かせていました。はさみで切ってみると…。「トンネルかな。」「なんだかおさかなみたい。」などといった声とともに、次々にいろいろな形が生まれました。

 

 みんなの作品を並べて、さあ、町づくりです。「ここはどうぶつえんかな。」「おうちがいっぱいだ。」などと言いながら、並べた作品で町探検も楽しみました。

  

 折って立てた紙から想像を膨らませ、素敵な町が出来上がりました。

新体力テストにチャレンジ!

2年生は、昨年度に続き、2回目の新体力テストにチャレンジしました。

先日は、50m走、ソフトボール投げ、立ち幅跳びの記録を測りました。

今日は、体育館で行う種目に挑戦です。

5年生のお兄さん、お姉さんに協力してもらいながら頑張りました。

「ドキドキするね。」「1年生のときより、きろくがのびるかな。」などと言いながら、始まる前は緊張していた2年生も、「がんばれ!」「大丈夫だよ。」と励ましてくれる5年生の声にパワーをもらってやり切ることができました。

「お兄さんたちにお手本を見せてもらったので、上手にできたよ。」「きろくがのびたよ。うれしいな。」

2年生と5年生の子どもたちの汗と笑顔が輝く時間でした。

4年生「ゆめきら学習」(総合的な学習の時間)

 4年生は、「ゆめきら学習」の時間に、『災害から命を守る』をテーマにして学習しています。

 災害の種類、どのようにして発生するか、災害から身を守る方法など、一人一人が自分の課題を決め、命を守るためにはどのようなことを考え、どう行動すればよいかといったことについての考えを深めています。

 今日は、発表会に向けて話合いをしました。自分たちが調べたことをどのような方法でどのように伝えればよいかを真剣に話し合っていました。

 発表会の様子は、後日、改めてホームページにてお知らせいたします。お楽しみに!

JRC登録式

今日6月1日の朝の時間に、テレビ放送でJRC登録式を行いました。
ボランティア委員会の子どもたちが進行し、「JRC」の意味や込められた思いについて全校に伝えました。また、今年度入学した1年生にはバッジが贈られ、青少年赤十字の活動に取り組む新しい仲間になりました。

校長先生から、「ソルフェリーノの糸杉」のお話をしていただき、湯築小学校にもその糸杉の種を受け継いだ子どもの木が育っていることを教えていただきました。これまで受け継がれてきた青少年赤十字の精神を大切にしながら、「困っている人を助ける」「気づき・考え・実行する」湯築っ子の姿がたくさん増えていくことを楽しみにしています。

タブレットを活用して

 本校では、それぞれの学年の発達に応じてICTを活用した学習を積極的に進めています。その中から、今日は5年生の学習の様子をお知らせします。

 タブレットの機能を利用して、テレビ会議の練習をしました。一つの画面に映ったそれぞれの画像を見合いながら、話し合いをしました。また、メッセージ機能を使って意見を書く活動も体験しました。それぞれのクラスでマイタブレットを使って学習を進めていきます。子どもたちは、楽しみながらいろいろなことを試す中で、簡単に友達と考えを共有したり、自分の考えと比べたりできるよさに気付いていました。

 これまでに学習したロイロノートや発表ノートなどもうまく組み合わせて使いながら、今後もICTを活用した学習を進めていきます。

 

第1回避難訓練

今年度1回目の避難訓練を行いました。
密を避けるため、全校一斉での避難はせず、2学年ずつ3回に分けて実施しました。

テレビ放送で地震の発生に伴う指示を聞き、安全確保行動「​まず低く、頭を守り、動かない」をとりました。続いて、火災発生を想定し、運動場に避難しました。

「お・は・し・も・ち」(押さない・走らない・しゃべらない・戻らない・近づかない)を守って素早く避難する子どもたちの態度は、とても真剣でした。

運動場への避難が終わった後、校長先生からは避難訓練の講評後、日頃からしっかりと話を「きく」ことが命を守るためにも重要であることや、合言葉にしている「いのちは一つ」をいつも意識して行動することについてお話がありました。

今日の訓練で確認したことや身に付けたことが、いざというときに役立つよう、今後の学校生活においても「いのちは一つ」を意識した指導をしっかり行っていきます。

全国学力・学習状況調査(6年生)

 今日は「全国学力・学習状況調査」の日でした。

 湯築小学校の6年生も教科に関する調査(国語・算数)と生活習慣や学習環境に関する質問紙調査に取り組みました。少し緊張した表情を浮かべながらも最後まで諦めることなく、時間いっぱい集中して問題に挑戦していました。

 この子どもたちのやる気に応え、6年生一人一人の学力が更に定着・向上していくよう、教職員一同、一生懸命努めていきます。