ブログ

今日の給食

発酵食品について

3月22日(月)の献立は、 ごはん、牛乳、小松菜のみそ汁、鯛の照り焼き、即席漬、納豆です。

【今日の給食放送】

発酵食品とは、微生物のはたらきによって食品を加工した食べ物です。発酵させることによって、長く保存できるようにしたり、うまみや栄養価をアップさせたりすることができます。また、発酵食品には、お腹の調子を整える効果もあります。
発酵食品は、食品にはたらく微生物によって、3つの種類に分けられます。一つ目は、日本酒、チーズ、かつお節など、カビのはたらきによって作られるものです。二つ目は、パン、しょうゆ、みそなど、酵母菌のはたらきによって作られるものです。三つ目は、ヨーグルトや酢、納豆など、細菌のはたらきによって作られるものです。
今日の給食には、みそ、しょうゆ、酢、納豆などの発酵食品が使われていました。おいしくいただきました。

給食委員会の児童が「生きる」とは何かを一人一つずつ考えました。その言葉を組み合わせて、詩にしたものを給食室前に掲示しています。

給食当番で給食室前を通った1年生の児童に、委員会の児童が読んでくれたているところです。

 

気持ちよく給食を食べるための食事環境について

3月19日(金)の献立は、 ごはん、牛乳、太平燕、いかの唐揚げ、きゃべつとしめじのボイル野菜です。

【今日の献立放送】

今年度も残りわずかとなりました。今のクラスの友達と一緒に食べられる給食の時間もあと少しです。食事の環境を整え、楽しい給食の思い出を作りましょう。
窓を開け、空気の入れかえをし、机の上を片付けきれいにしましょう。給食 当番の人は、配ぜんがしやすいよう食缶や食器具を台に置き、盛り付けます。
今年度は、友達と会話をしながら食べることはできませんが、残りの給食の時間も楽しく過ごし、よい思い出にしましょう。

 

給食委員会の児童は、毎日交代で、給食室で仕事をしています。今日で6年生の仕事は最後でした。進んで仕事を見付けて動く姿が素晴らしかったです。

健康な生活を送るために大切なことについて

3月18日(木)の献立は、ごはん、牛乳、みそチゲ、華風サラダ、アーモンドです。

【今日の給食放送】

病気を防ぎ、元気に毎日を過ごすためには、次の3つのことが大切です。
一つ目は、「食事」です。赤・黄・緑の3つのグループの食べ物を、バランスよく組み合わせて食べましょう。特に朝食は大切です。
二つ目は、「運動」です。適度な運動は、体力がつくだけでなく、生活 習慣 病の予防にもなります。また、気分がすっきりし、リフレッシュ効果があります。
三つ目は、「休養と睡眠」です。本を読んだり、音楽を聞いたりするのも休養の一つです。そして、十分な睡眠をとることで、体の疲れをとり、病気への抵抗力を高めましょう。
「食事」「運動」「休養と睡眠」の3つを心がけ、健康な生活を送りましょう。

「せとか」について

3月17日(水)の献立は、媛麦パン、牛乳、白菜とベーコンのスープ、チリコンカン、せとかです。

【今日の給食放送】

「せとか」は、「清見タンゴール」と「アンコール」という品種をかけ合わせ、さらに「マーコット」をかけ合わせてできた柑橘です。少し大きめで、果汁が多いことが特徴で、手で皮をむいて食べることができます。
「せとか」は、紅まどんなや、カランマンダリンのように、「まつやま農林水産物ブランド」に認定されています。「まつやま農林水産物ブランド」とは、様々な基準をクリアして選ばれたもので、「松山らしさ」「松山ならではの価値」を知ってもらうために生産されてます。
今日は『せとか』を、味わっていただきました。

給食で出たのりなどのかわいいパッケージをコレクションしているお友達を見つけました。

 

 

ピラフについて

3月16日(火)の献立は、カレーピラフ、牛乳、ミネストローネ、鯛のから揚げ、コーンサラダです。

【今日の給食放送】

みなさん、ピラフとチャーハンの違いはわかりますか。
チャーハンは、もともとは中華料理で、炊いた白いご飯を様々な具材と、一緒に炒めて作ったものです。焼きめしともいいます。
ピラフは、中東からフランスに伝わった料理で、先にバターで生のお米と具材を炒めたものを、スープで炊きます。このように、ピラフとチャーハンの違いは、調理方法です。
給食では、具材を炒め、洗ったお米と一緒に炊き込みます。今日はカレー味のピラフです。おいしくいただきましょう。

学校給食で食べたい我が家の献立について

3月15日(月)の献立は、ごはん、牛乳、のっぺい汁、豚肉のかりかり揚げ、ごまあえ、のりです。

【今日の給食放送】

今日は、『学校給食で食べたい我が家の献立』の中から、優秀 作品に選ばれた『豚肉のかりかり揚げ』です。
おすすめのポイントは、かりかりになった豚肉と、細かく刻んだ玉ねぎがよく合って、パワーがでるところです。
応募してくれた人が、日ごろ、お家で食べている献立をみんなで味わいました。

清見タンゴールについて

3月11日(木)の献立は、ごはん、牛乳、おでん、きゅうりとキャベツとわかめのごま酢あえ、清見タンゴールです。

【今日の給食放送】

清見タンゴールは、日本の「温州みかん」とアメリカの「トロピタオレンジ」をかけ合わせた品種です。清見という名前は、誕生した静岡県の地名から名付けられました。
清見タンゴールは、1個ずつ袋がけし、樹木で寒い冬を越します。そして、十分に色づいたところで3月に収穫します。愛媛県では主に、八幡浜から西宇和、北宇和にかけての、リアス式海岸に広がる段々畑で作られています。
果汁がたっぷりで、果肉はやわらかく、舌ざわりがとてもまろやかです。そして、みかんの甘みと、オレンジの香りが特徴の柑橘です。
今日は今が旬の『清見タンゴール』を味わっていただきました。

 

給食の準備や後片づけについて

3月10日(水)の献立は、カレーライス、牛乳、大根サラダ、チーズです。

【今日の給食放送】

みなさんは、給食の準備や後片づけのとき、次の4つのことができていますか。
①4時間目の授業が終わったら、教室の空気を入れかえ、配膳台は台ふきんでふくことができていますか。
②給食 当番は運び忘れがないか確認し、給食 室のサンプルケースをよくみて上手に配膳ができていますか。
③返却の時、食器に料理が残っていないか、おぼんにストローなどが残っていないか確認し、きれいに重ねられていますか。
④給食 当番は、ふたなどの忘れものがないか確認し、返却できていますか。
みんなで協力して、給食の準備や後片付けをしましょう。

今日のチーズはミッキーとミニーのかわいい形でした。

酢について

3月9日(火)の献立は、ごはん、牛乳、五目煮、小いわしのから揚げ、甘酢漬です。

【今日の給食放送】

酢は、人間が手を加えて作った最も古い調味料といわれています。日本では、奈良時代には酢を使った「なます」が食べられていたそうです。その後、江戸時代には、全国各地に広まり、お寿司が生まれたのも、このころです。
酢は、日本だけでなく、世界でも調味料として親しまれ、世界には4000種類もの酢があるといわれています。日本では、米を原料とした米酢がよく作られていますが、世界では、はちみつやバナナ、牛乳から作った酢もあります。
今日は、野菜を酢、しょうゆ、砂糖で和えた『甘酢漬』を味わっていただきました。

 

卒業のお祝いの行事食について

3月8日(月)の献立は、鯛めし、牛乳、みそ汁、みつば入りかき揚げです。

【今日の給食放送】

今日は、『卒業のお祝いの行事食』です。
鯛めしは、愛媛県の郷土料理のひとつです。東予地方や中予地方で食べられる鯛めしは、鯛をまるごと一匹、土鍋や釜に入れて炊き込みます。
鯛めしは、神功皇后が朝鮮へ出陣する途中、戦勝 祈願のために松山市にある鹿島明神に立ち寄った時、地元の漁師から献上された鯛を米にのせて炊いたことが始まりといわれています。
今では、お祝い事などで鯛めしがよく食べられます。今日は、もうすぐ卒業する小学校6年生と中学校3年生のみなさんをお祝いして『鯛めし』にしました。卒業生のみなさんは、残り少ない学校生活を元気に過ごしましょう。