R3湯築小学校日記

水泳の授業が始まりました!(6年生)

6年生は、先週の金曜日6月11日にプール開きをしました。

 プール開きでは、各クラス代表児童が「今年水泳ができることに感謝をしたい!」「泳力を付けて25mを泳ぎ切りたい!」など、自分のめあてを立派に発表しました。

今日は2回目の水泳の授業でした。

子どもたちは念入りに準備体操をした後、全体で「無言で安全に活動することの大切さ」や「一人一人が目標をしっかりともって取り組む大切さ」を確認しました。

子どもたちは、自分たちできれいに掃除したプールでの水泳学習にニッコリ花丸

目をキラキラさせながら活動しました。

これからも「いのちは一つ」の合い言葉のもと、安全に十分気を付けながら、それぞれのめあての達成に向けて頑張ります。 

プール監視システム

 5月20日(木)に実施した「1年生を迎える会」の際に、体育館の全体会上の様子を各教室のテレビで視聴した様子を紹介しました。

 そのシステムを活用し、プールの様子を職員室のテレビで確認できるようにセッティングしました。

 水泳の授業は、必ず3名以上の教員で指導をしていますが、職員室でプールの様子を確認することでより多くの目で子どもたちの安全を見守ることができます。音声も聞くことができるので、緊急時にはいち早く対応することもできます。

 今後も工夫をしながら、安全・安心な教育環境を整えていきます。

「ロイロノート」を使って町じまん!(5年)

  

5年生は、国語科「まちじまんをすいせんしよう」の発表資料を「ロイロノート」を使って作りました。

湯築の町の推薦したい場所を、聞き手が納得するような理由を整理して構成を決め、話し方を工夫して発表するという学習をしています。その発表資料を「ロイロノート」で作成することにしました。

「聞いている人に伝わるためにはどうしたらいいだろう」「どんな写真を選ぶとよりみんなによく伝わるかな」などと一生懸命考えていました。

ICT支援員さんに機器の使い方を教えていただきながら、インターネットから写真を取り込んで資料を作成したり、自分で写真を撮ってコメントを書き込んだり、それぞれの思いがよく伝わる資料ができました。

ICT支援員さんから画像貼り付けの便利な使い方を教わると、教室中が「おーっ!」っとどよめき、「もっとやってみたい」と子どもたちはどんどん挑戦していました。

自分たちが考え、よりよいものを作っていこうとする姿が見られました。どんな発表になるのか、楽しみです。

4年生 「水のおはなし教室」で水の大切さを学びました。

    本日3・4校時に松山市水道局の4人の講師の方をお迎えし、「水のおはなし教室」を開催しました。テーマ別にクイズを交え、お話をしてくださいました。松山市は、降水量が少ない上に、ダムは小さく貯められる水量が少ない、水源の確保と節水により、節水型都市になったこと、水をきれいにして家庭や工場に届けていることなど、メモを取りながらしっかり聞いていました。水をきれいにする実験では、濁り水が、無色透明になった瞬間、驚きの声を上げていました。

 下水道に流していい物といけないものの比較では、家から持ってきたペットボトルにトイレットペーパーとティッシュペーパーを入れてたった5秒振っただけで大きな違いができたことにまたもや子どもたちは目を丸くしていました。水について学習を深めるよい機会になりました。

プール開きをしたよ!(1・2年生)

大変よいお天気の下、1年生は3、4校時に、2年生は5、6校時にプール開きを行いました。

1年生はもちろん、昨年度水泳学習ができなかった2年生にとっても初めての小学校での水遊び。まずは、学年全体で開会式を行いました。各クラスの代表児童が、水泳学習に対する目標をみんなの前で発表しました。

「もぐれるようになりたいな。」「手を水の中で大きくかいて泳ぎたい。」「ラッコのように泳ぎたい。」「バタ足をがんばりたい。」などとそれぞれが元気な声で発表することができました。その後、校長先生や学年主任の先生のお話を聞き、いよいよシャワーを浴びてプールでの活動のスタートです。

先日、6年生がピカピカに掃除をしてくれたきれいなプールに大喜び。

「小学校のプールは大きいね。」

「とてもきれいなプールだね。6年生ありがとう!」

ルールを守って上手に水に入り、プールの中を歩いたり、ちょっぴりもぐったりしました。

「水の中は気持ちがいいね。キラキラしているよ。」

「顔をつけることができたよ。」

「水遊びは楽しいね。次も楽しみだね。」

笑顔がプールに弾ける時間となりました。

夏がもうすぐ(1年生)

登校後の1年生は、教室に入る前に育てているアサガオの世話をします。ペットボトルに水を入れ、近くにいる友達と声を掛け合いながら水をやり、その様子を観察します。
「いっしょにやろう。」「大きくなってきたね。」など、日によってつぶやく言葉はいろいろです。朝のアサガオの世話を頑張っている1年生たち。命を大切にする優しい心と態度が育っています。

朝の1年生の教室をのぞくと、教室の入り口に立って、「おはようございます!」とあいさつ運動をしている姿が見られました。話を聞くと、あいさつ係になった子どもたちだそうです。どうやったらクラスにあいさつの声が響くかなと考えて、ななゆめ会のお兄さん、お姉さんが門に立ってしてくれている、手ぶりもつけた明るい声掛けを、自分たちもやってみたそうです。1年生も、係活動のスタートです!張り切っている子どもたち。憧れの高学年のお兄さん、お姉さんの姿を描きながら、頑張っている1年生たち。頼もしいです。

熱中症予防対策(テント・ミストシャワー設置)

 梅雨入りはしていますが、天気のよい日、気温が高い日もあります。
 気温が高くなるこれからの時季に気を付けなければならない熱中症。その熱中症の予防対策として、本日6月7日(月)の放課後、教職員で三つの作業を行いました。

〇明日から始まる水泳授業の際に利用するための避暑用テントをプールに設置。
〇休み時間や体育の時間等に利用するための避暑用テントを運動場に設置。
〇子どもたちが使用している児童玄関2か所にミストシャワーを設置。

 これからも子どもたちの安全・安心を確保し、一人一人の大切な「いのち」をしっかり守れるよう取り組んでまいります。

「おって たてたら」(1年生)

 今週、1年生は図画工作科で「おって たてたら」の学習をしました。

 紙を折って立ててみると…。「わあ、たったよ。」「こんなたてかたもあるよ。」「ここからなにができるかな。」などとつぶやきながら、目を輝かせていました。はさみで切ってみると…。「トンネルかな。」「なんだかおさかなみたい。」などといった声とともに、次々にいろいろな形が生まれました。

 

 みんなの作品を並べて、さあ、町づくりです。「ここはどうぶつえんかな。」「おうちがいっぱいだ。」などと言いながら、並べた作品で町探検も楽しみました。

  

 折って立てた紙から想像を膨らませ、素敵な町が出来上がりました。

新体力テストにチャレンジ!

2年生は、昨年度に続き、2回目の新体力テストにチャレンジしました。

先日は、50m走、ソフトボール投げ、立ち幅跳びの記録を測りました。

今日は、体育館で行う種目に挑戦です。

5年生のお兄さん、お姉さんに協力してもらいながら頑張りました。

「ドキドキするね。」「1年生のときより、きろくがのびるかな。」などと言いながら、始まる前は緊張していた2年生も、「がんばれ!」「大丈夫だよ。」と励ましてくれる5年生の声にパワーをもらってやり切ることができました。

「お兄さんたちにお手本を見せてもらったので、上手にできたよ。」「きろくがのびたよ。うれしいな。」

2年生と5年生の子どもたちの汗と笑顔が輝く時間でした。

4年生「ゆめきら学習」(総合的な学習の時間)

 4年生は、「ゆめきら学習」の時間に、『災害から命を守る』をテーマにして学習しています。

 災害の種類、どのようにして発生するか、災害から身を守る方法など、一人一人が自分の課題を決め、命を守るためにはどのようなことを考え、どう行動すればよいかといったことについての考えを深めています。

 今日は、発表会に向けて話合いをしました。自分たちが調べたことをどのような方法でどのように伝えればよいかを真剣に話し合っていました。

 発表会の様子は、後日、改めてホームページにてお知らせいたします。お楽しみに!